四天王寺大学 経営学部 経営学科の口コミ

(読了時間:1分37秒)

経営学科を目指した理由

親が自営業で母の経理を手伝っていた経緯から簿記の資格を取ろうと思ったのが1つ目の理由です。

もう1つは父親のような経営者になりたいと思い経営学を学ぶことでマーケティングの仕組みを知りいつか起業したいと思ったからです。

経営学科で学んだこと・役に立っていること

簿記の資格を取るのが卒業に必須条件なので簿記の資格を取ったことで、経理の仕事が少しできる点です。

決算の時などに役に立ちます。

また経営学を学ぶことで就職活動の時に同業他社を比較する際に役立ちます。

たとえば自分が行きたい企業が市場のどの位置にいるかなど知ることができます。

経営学科の雰囲気

私の大学では少し不真面目な学生が目立ちますが、真面目に授業を受けている人であれば、簿記の資格を2級まで取っている生徒もいます。

男子生徒が圧倒的に多く、男女比で言うと9たい1ぐらいです。

女子生徒は明るく真面目な子が多い印象です。

経営学科の楽しかったところ

簿記に力を入れて勉強できる環境は良かったです。

また、グループワークや発表の機会が多いのでプレゼンの技術が身についたり、人前で話す練習にもなるので、それが苦ではないかたはとても楽しく授業に参加できます。

経営学科のつらかった・大変だったところ

大変なのは専門的な単語が多い上に似たような用語が多く出てくるところです。

また、授業にもよりますが、他の不真面目な生徒一人のために授業全体が中断したり先生の機嫌が悪くなったりするので真面目に受けている生徒は少し苦労します。

経営学科の卒業後の就職先・進路

経営学部の生徒は営業職や販売の仕事に就く方が多いです。

特に私の周辺では自動車業界と金融業界を志望する生徒が多く見受けられました。

ファイナンシャルプランナーの資格を取る方が多かったため金融は特に多かったです。

卒業後の所感・メッセージ

良い点としましては、就職活動に関してはゼミの先生方が全力でバックアップしてくれます。

学部全員で参加必須の合同説明会もあるので就職活動に不安がある方はお勧めです。

ですが、やはり不真面目な生徒が目立つので真面目に受けたいかたには少し苦になるかもしれません。