観光専門学校 観光総合学科の口コミ

(読了時間:1分59秒)

観光専門学校を目指した理由

家から近く、旅行を学べる学校がここしかなかったからです。

また、ホテル業か旅行業かで迷っていたため、両方を学んでから進路を決められると思い、魅力を感じました。

専門知識だけではなく、TOEICや英会話の授業も豊富なので将来性がある学校だと確信しました。

観光専門学校で学んだこと・役に立っていること

一番役に立っていることは国家資格が取得できたことです。

国内旅行業務管理者という難しい資格を取れたのは、この学科だからだと思います。

旅行会社で現役で働いている講師の方が夏休みも補習を行なって下さり、丁寧・熱心な指導のおかげで、自分でも驚くほど努力することができました。

観光専門学校の雰囲気

私たちの学科は12人しかいませんでした。

少人数だからこそ仲は良かったです。

1人1人個性の強いクラスでしたが、みんな明るく、休み時間はみんなで話して盛り上がり、授業が始まると積極的に発言できるようなクラスでした。

観光専門学校で楽しかったところ

特に楽しかったのは文化祭です。

私達はフルーツポンチの蜜をソーダにしたものを作りました。

友達と大きなスーパーで買い出ししたり、試作をしたりとほとんどを友達と過ごしていました。

その中でも思い出に残っているのは看板作りです。

大きなダンボールに手書きで文字を書いてデザインしていく地味な作業でした。

初めは面倒だと感じましたが、友達と協力してできるのはとても楽しく、どの屋台の看板よりも派手に個性的に仕上がりました。

一生残る思い出になりました。

観光専門学校でつらかったところ・大変だったところ

大変だったところは、月に一度のクリーンデーという活動です。

土曜日の早朝から半日、休日にもかかわらず学校中の掃除をしました。

参加は任意ですが、私は皆勤賞を目指して毎月行っていました。

トイレ掃除から外階段まで、細かな掃除は時間もかかり大変でした。

観光専門学校の卒業後の就職先・進路

ホテル志望の方が多く、聞いたことがあるような都会の大きなホテル、地元でも評判の良いホテルに就職した人が多いです。

私のような旅行会社に就職した人は少ないです。

また、英語の授業が豊富にあったためか、さらなる成長を目指し留学に行った友達もいます。

観光専門学校卒業後の所感・メッセージ

良かったところは現役で働いていらっしゃる講師の方から専門知識を学べることです。

働いているからこそ分かる裏話のようなものはこの学校だったから聞けたのだと思います。

そして、役に立ちます。

いまいちなところは、大学と違って自分で時間割が作れなかったり、毎日朝礼と終礼があって時間に縛られたりしたことです。