大阪市立大学 医学部 看護学科の口コミ

(読了時間:1分21秒)

看護学科を目指した理由

幼いころから看護師になりたいと思っていたため、この医学部の看護学科を目指しました。

そして、看護学部は実習の授業があるため、大学病院が併設されている大学がよいと思ったので、医学部もあるこの大学を目指しました。

看護学科で学んだこと・役に立っていること

看護師となるための基礎を学ぶことができました。

人体の解剖学や生物学、看護師としての倫理観などを詳しく指導してもらうことができました。

基礎の看護技術や実習などで実践でも生かすことができることも学ぶことができました。

看護学科の楽しかったところ

医学部看護学科は専門的な学部であるため、明確な共通の目標や考えをもった人たちと一緒に頑張って将来を見据えて学ぶことができました。

また、部活動では医学部だけの大会があり、とても盛り上がって開催されていました。

看護学科のつらかった・大変だったところ

必須の授業ばかりであり、選択して授業を組むことがほとんどできず、想像していた大学生活ではなかった。

単位を一つでも落としてしまうと進級できなかったため大変だった。

実際に病院での実習があり、課題も多く、精神的にもしんどかった。

看護学科の卒業後の就職先・進路

実習でも行っていた、附属の病院に就職しました。

附属の病院であったため就職活動をすることはなく、面接の試験のみ受け、ほとんどの人が採用されていました。

クラスの半分程度の人が同じ就職先に進むこととなりました。

卒業後の所感・メッセージ

看護学部は明確な進路を目指す人にとってはとてもいいところだと思います。

看護学科だからといって看護師だけでなく、保健師養護教諭の資格も取得できるため、進路もさまざまで実際に、勉強してみて進路を変更することもできるので興味がある人にとってはとてもいいと思います。