看護専門学校 看護学科の口コミ

(読了時間:1分40秒)

看護専門学校を目指した理由

働きながら看護師になるための勉強ができることが大きなメリットでした。

単純に病気やけがで助けが必要な方々の力になりたいと思ったことがきっかけです。

臨床経験を積みながら学習することで、教科書と実際を結びつけることができるところが魅力でした。

看護専門学校で学んだこと・役に立っていること

在学中は、近隣の病院に臨床実習に行きますが、患者さんとのコミュニケーションスキルを一から身につけることができ、役立っています。

校内で行われる、看護研究発表会では発表原稿のまとめ方、発表手順、進行など経験しないと学べないこともあり良かったと思います。

看護専門学校の雰囲気

社会人入学の人も多く、高卒の新卒以外に幅広い年代の生徒が通っています。

主婦の方々は、時間の使い方が上手な人が多く、成績も上位で見習いたいところがたくさんありました。

同年代以外の友達もたくさんでき、新鮮でした。

看護専門学校で楽しかったところ

5~6人で一つのグループに分かれて臨床実習に行きます。

同じ班の仲間と、患者さんの看護の方針について話し合ったり、文献や知識を共有したりしました。

10歳以上離れたグループメンバーと1つのことについて話すと、さまざまな意見が出て面白かったです。

看護専門学校でつらかったところ・大変だったところ

臨床実習の間はとにかく看護記録を手書きで全て期日までに提出しなければならず、睡眠時間も削られ、つらかったです。

所属の病院に勤務しながら国家試験の勉強をするため、試験前の有給は全て試験勉強にあてました。

看護専門学校の卒業後の就職先・進路

在学中から地域の中核病院に勤務していました。

なかにはキャリアアップのために、卒後数年してから大学病院や公立の大きな病院に転職する人もいます。

資格が取得できるので、結婚や出産で一度離職しても再就職しやすいと思います。

看護専門学校卒業後の所感・メッセージ

働きながら学校に通うことで、教科書からだけでなく、臨床を早いうちから学ぶことができます。

勉強量する内容が多く、国家試験も年々難易度が上がっています。

しかし、看護師というやりがいのある仕事に就けること、また一生使える資格を取得することができるのでお勧めです。