私立理系大学 情報学部 情報学科の口コミ

(読了時間:1分45秒)

情報学科を目指した理由

情報学部を志望した一番の理由は、昔からパソコンをいじることやインターネットを利用することが好きだったからということです。

それと、今後はさらに情報化社会が進むので今の時代に一番必要なスキルが身に着けられると思ったからです。

情報学科で学んだこと・役に立っていること

情報学部で学んだことで今一番役に立っていることというと、何と言ってもプログラミングのスキルです。

プログラミングができると自分の作りたいものを作ることもできれば人が望むものも与えられるという喜びを得ることができます。

情報学科の雰囲気

理系というだけあって男女比は男:女=8:2もしくは9:1くらいだと思います。

しかし、皆さん自分がやりたいことがありこの学部に来ているので勉強に対する意識は高いかと思います。

内気な性格の人もいれば、コミュニケーション能力の高い人もいてさまざまです。

情報学科の楽しかったところ

楽しいところは、理系なのでさまざまな実験ができるところかと思います。

班メンバーと協力しながら実験に取り組むことが多いので自然としゃべるようになり、友達も増え、専門知識も身につくという、いいこと尽くしだと思います。

それと、私立だということもあり実験機材も質のいいものをそろえており、内容の濃い実験をすることが出きます。

情報学科のつらかった・大変だったところ

一番大変だったのは実験+レポートです。

実験は楽しくもありますが、測定などを間違えると再実験となりかなり時間がかかってしまうことになるからです。

それと、実験後のレポートを期間内に仕上げないと単位認定されないというのもつらかったです。

情報学科の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路としては、通信業などのネットワーク回線の設計・設備・管理をする企業に勤める人と、プログラマーシステムエンジニアといった主にネットワークを利用するうえで必要となってくる土台の部分を作る企業に勤める人が多いです。

中には数学・理科の教員になる人も一定数います。

卒業後の所感・メッセージ

どこの大学でも最初の一年は基礎中の基礎からやることもあるかと思います。

なので理解している人には退屈に感じるかもしれませんが、3,4年になると基礎ができないと何も理解することができません。

1年のうちにすべて復習してくれるというのはすごくありがたかったです。