自動車専門学校 一級自動車研究開発学科の口コミ

(読了時間:4分9秒)

自動車専門学校を目指した理由

私は小さな頃から目覚まし時計やラジカセなどの構造に興味があり、リサイクルショップでジャンク品と呼ばれる修理を前提とした物を買ってもらい、分解・組み直しをして遊んでいました。

そのため、何かを組み立てたり修理するいうことに自然と興味を持ったのだと思います。

また、父が車好きだった影響もあり、小さな頃から自動車にふれ合うことが多い環境で育ちました。

中学生の時に自動車の詳しい構造や仕組みを学び自分一人で自動車を組み上げてみたいという夢ができたことが、自動車専門学校を目指した理由です。

自動車専門学校で学んだこと・役に立っていること

私は専門学校に在学した4年間に一級自動車整備士の資格を取得しました。

一級整備士は二級自動車整備士よりも幅広い分野で自動車を整備することが可能で、自動車に対してより深い知識と技術を身につけることのできる資格です。

自動車専門学校の中には自動車製造メーカーが直接運営を行う学校もあり、私の場合は一般的な専門学校よりもさらに的を絞った詳しい知識と技術を身につけることができました。

一級自動車整備士は、二級整備士よりも取り扱える業務が増えるため、就職活動や昇進においてやや優遇されており、現在でも役職という観点から約に立っている資格です。

また、自分の車を自らの手で整備することが可能なため、車検や点検などを短時間で済ませられるという点も役に立っていることの1つとなります。"

自動車専門学校の雰囲気

"学校自体の雰囲気ですが、専門学校ということもあり幅広い年齢層が混在しています。

在校生は志すものが一緒ですので明るい雰囲気の専門学校です。

自動車専門学校は主に工業高校系からの進学者が多い傾向にありますが、私のように普通科高校を卒業した方も大勢います。

また、文系の大学を卒業後に自動車に興味を持ち専門学校に入学した方も私の周りには実際にいたため、その分野を専門的に学びたいという方が多いのが特徴です。

校内には食堂や団欒を楽しむホールなどが完備されているため、一般的な大学と比べても学生生活で大きく異なる点は少ないと思います。

男女の比率については、自動車専門学校という特色もあり通常の2年制自動車整備科は圧倒的に男性の比率が高いです。

自動車開発のエンジニア科や設計を専門に学ぶ学科では、整備士志望者だけではなくエンジニアを育成する学科となっているため、自動車整備科と比べると女性の比率は高くなりその数は年々増えてきています。

自動車専門学校で楽しかったところ

学校生活で楽しかったことは、クラブ活動です。

私が所属していた自動車整備部では、ワンメイクや耐久レースといったイベントに参加しました。

自分たちが整備やセッティングを行った自動車で実際にレースを行うなど、自動車専門学校ならではのクラブ活動が行われており、何度もレースに参加できたことが学校生活で良い息抜きとなりました。

これらのクラブ活動では、他の学科や学校の方達と交流を深めることができるため、大学におけるサークル感覚でクラブ活動を楽しむことができました。

また、専門学校という特性上、幅広い年齢層の方がいらっしゃいますのでさまざまな体験談や境遇を聞くことができ、さまざまな思いを共有できたことも楽しかったことの1つです。

自動車専門学校でつらかったところ・大変だったところ

学科系科目は空調設備の整った教室で行われますので特に問題はありませんが、実習科目については空調設備の整っていないガレージや屋外での実習もあり、夏場は特に暑さに対する対処が大変でした。

また、工業製品扱う特性上、手が油まみれになってしまったり手荒れが起きてしまうなどのことも多かったため、手の汚れやスキンケアに気を遣う必要があり、学校に着替えを何枚も用意しなければならず、洗濯も大変でした。

学科によっては自動車に直接関係すること以外の営業実務やパソコンを使った情報処理技術なども学ばなければなりません。

パソコンや扱い方の異なる機器を使いこなすスキルを見つけなければならいことも大変だったことの1つです。

自動車専門学校の卒業後の就職先・進路

自動車専門学校と言う事で、大半の方は自動車製造メーカー各社の整備部門や民間の整備工場へ就職していました。

私の場合は学校の運営を行う自動車製造メーカーの直営販売店へ整備士として就職しました。

その他にもガソリンスタンドや大規模なカー用品店の整備士として就職をする方も多く、自動車板金専門店やタイヤメーカーなどの自動車関連会社へ就職する方も多くなっています。

開発や設計を専門とするエンジニア学科では、自動車製造メーカー以外に社外品としてエアロパーツや各部品を設計する企業への就職する方も多く、ごく少数ではありますがモータースポーツの世界に進む方もいらっしゃいます。

また、整備士としての資格は持っているものの整備部門ではなく営業・販売員として各メーカーへ就職する方もおり、整備士の知識を営業・販売員として活かす方も私の周りにはいらっしゃいました。

自動車専門学校卒業後の所感・メッセージ

私が通っていた自動車専門学校は、設備が整っており基本的なことから最新の技術までを細かく学べる素晴らしい専門学校でした。

また、自動車に関する専門知識だけではなく経営理念や営業実務も学べるため、自動車の整備以外の部門でも就職に役立つのが自動車専門学校です。

自動車専門学校は整備士を育成する専門学校としてのイメージが強い学校ですが、選択する学科によってはエンジンやその他のシステム開発、自分の自動車の対するイメージを実際の形にすることのできるエンジニアを育成する学校もあります。

自動車に興味のある方は是非1度オープンキャンパスなどへ参加することをおすすめします。