自動車専門学校の口コミ

(読了時間:1分49秒)

自動車専門学校を目指した理由

県内で就職率が高かったからです。

また、授業料がかなり安く、周りの勧めもあって受験しました。

当時としては自動車の人気もそれなりにあり、倍率等も高めで、実践的な技術を習得できると親からも聞いていました。

もちろん、自分自身も車に興味は持っていたのも理由の一つです。

自動車専門学校で学んだこと・役に立っていること

自動車の構造や、種類について一通り学ぶことができました。

簡単な作業なら自分である程度整備できるため、よい経験になったとは思います。

車検の費用や、普段のメンテナンスにも気を遣うようになったため、車の寿命は長く乗れていると思います。

自動車専門学校の雰囲気

女性が学年で1人いるかいないかで、ほとんど男性になります。

年上の方もいましたが、数人だけでほとんど同じ年のクラスメイトでした。

これは入ってから分かったことですが、就職率や実績にこだわりすぎて授業等に自由な部分が少なく、厳しい部分も目立ちました。

自動車専門学校で楽しかったところ

正直なところ、資格等をとることに集中させられて楽しんでいる学生というのはあまりいなかったような気がします。

担任等にもよると思いますが、妙に厳しい感じで、とりあえず自分の実績(就職率や就職先)が高く維持できればなんでも良いという人にあたり嫌な思いもしました。

自動車専門学校でつらかったところ・大変だったところ

とにかく資格を取れという雰囲気なのがつらかったです。

もう少し車を楽しんで触れればいいと思うのですが、整備士の仕事はこんな感じだからこれをこなしなさいという課題しかなく、車を嫌いになる人もいたと思います。

自動車専門学校の卒業後の就職先・進路

ほとんどが、ディーラーか町工場への就職でした。

車といっても大型等も含めるのでいろいろ種類はあったと思います。

残念ながら10年経ったあとはほとんどの人が、別の職に転職してしまい、私もその一人になります。

給料面を含めて続けるのは難しい仕事だと思います。

自動車専門学校卒業後の所感・メッセージ

車が好きでも、整備にいくのはちょっと考えてみたほうがいいと思います。

離職率も高い仕事なので、車は趣味と考えて他の安定した仕事を探してみるのも手です。

私は、車は好きですが、整備を仕事としてはやりたくないという結論になりました。

周りでも結婚したら給料面を考えて他業種に転職という人もいるので、給料面・将来をよく考えて進路を決めてほしいです。