IT専門学校 情報システム開発科の口コミ

(読了時間:1分51秒)

IT専門学校を目指した理由

システム開発の仕事をしていきたいという気持ちがあったので、IT専門学校を選択しました。

色んなIT専門学校があったので、体験入学に積極参加していき、自分に適しているIT専門学校なのか判断していきました。

IT専門学校で学んだこと・役に立っていること

COBOLの他にC言語やJavaの開発言語を学ぶことができたのでよかったです。

また私が入学した情報システム開発科は、資格取得も目指しており、基本情報技術者試験の資格を取得することができたので、今も役立っています。

IT専門学校の雰囲気

学生の性格は特にネガティブという訳ではなく、さまざまな性格の学生が通っています。

留学生も多く、だいたい2割ほどはアジアの留学生になっています。

女性の割合がとても少なく、男性が10に比べて女性が1で圧倒的に男性が多い学科です。

IT専門学校で楽しかったところ

座学と実習に分かれており、実習は主にパソコンを使用して、それぞれ与えられた課題をクリアしていきます。

プログラム開発の他にデータベース構築や複数の人数で一つのシステムを開発するなど毎日楽しい時間を過ごすことができました。

IT専門学校でつらかったところ・大変だったところ

プログラム開発やデータベース構築をする際、分からない部分をそのままにしてしまうと置いていかれます。

そのために学校で学んだ勉強を自宅で復習しなくてはいけません。

そして置いていかれないように日々勉強しないといけないのが大変でした。

IT専門学校の卒業後の就職先・進路

IT企業に就職する生徒がほとんどで、主に二つのパターンに分かれます。

一つ目は自分で就職先を見つける方法で、就職サイトやハローワークなど使用する方法です。

もう一つは合同説明会により色んなIT企業に応募することができるケースです。

私は自分で就職先を探すのが面倒だったので、合同説明会に何度も参加して、その中のIT企業に就職しました。

IT専門学校卒業後の所感・メッセージ

ITのことを学びたいと考えている人には、すでに環境が整えられているので限りなく才能を伸ばすことができます。

高い就職率も確保されているので、余程の事態が発生しない限り、就職できないということはありません。

スポーツフェスティバルや研修旅行など同じ学科の友人と交流を深めるイベントもたくさん開催されています。

卒業後もかけがいのない友人を獲得することができ、仕事に関する悩みや相談を気軽に話せるのでITの仕事を希望している方に向いています。