医療学部卒業生の体験談・就職先まとめ

(読了時間:10分41秒)
都市部の大学 医療学部 理学療法学科卒業生の体験談・口コミ

理学療法学科を目指した理由

小さい頃から怪我ばかりしており、その都度接骨院や病院に何回も通ううちに、いつか人を治す仕事がしたいと思うようになりました。

人を治す仕事と言っても色々ありますが、きちんとした資格(国家資格)を持っておきたかったため、厚生労働省認定の理学療法士を目指しました。

理学療法学科で学んだこと・役に立っていること

身体について解剖学・生理学を専門的に学ぶことができ、これは患者さんを治す上での基礎になっています。

また、カリキュラムの中に臨床実習がありその中で実際の患者さんを治療する課題があることで、机上の勉強では学べないことを学生のうちから体験する事ができました。

理学療法学科の雰囲気

医療を学びたい、患者さんを治したいという志をもった者の集まりですので、基本根が優しい人が集まりました。

テスト勉強ではクラス皆で協力して勉強したり、課題を皆で助け合いながらクリアーすることも何回もありました。

男女比では4:6で少し女性が多いくらいでした。

年齢も現役の方もいれば、大学卒業後、または退職してきたかたもいました。

年齢がバラバラな分、経験豊富な年上のリードが功を奏したり、現役生の若さがよりクラスの雰囲気を良くしたりと、お互いが相乗効果を生むような関係が自然と作られていきました。

理学療法学科の楽しかったところ

4年制の学校でしたが、最初の2年間は基礎固めとして座学が多かったですが、3年目からは実習が増え、それがとても楽しかったです。

患者さんを治療する時、どのような方法を使うのか、歩くのを支える時はどのようにするのか、治療はどうやって組み立てるのか、などなど実践に繋がる内容で刺激的でした。

理学療法学科のつらかった・大変だったところ

課題やレポートの提出、また最後には卒業論文があり、これが一番大変でした。

また、4年目では病院実習があり、今まで学んできたことを実際の臨床の場で経験するのですが、患者さんから治療を拒否されたりなど、想定していないことが起きることが多く、対応に困ったことも多々ありました。

理学療法学科の卒業後の就職先・進路

就職先の多くは総合病院です。 

最初は脳疾患も整形疾患も満遍なくみれる総合病院が1番の人気です。

しかし、スポーツをしてきた学生も多いため、スポーツ選手を治療したいということで整形外科を選ぶ人も年々増えてきています。

卒業後の所感・メッセージ

良かったところは基礎固めを2年かけてしっかりとできたことです。

いまいちというか、希望したいことはより実践的な内容を組み込んでもらえるとよりよいかと思います。

たとえば、患者さんから治療を拒否された時はどのように対応するかなど。

授業では拒否されないようにどうすればよいかなどは話しますが、実際に拒否されたあとのことはあまり考えていませんでした。

事が起こらないように何をすべきか、また事が起こった後に何をすべきかの両方を指導してくれると、より実践的な学生が育つと思います。

K大学 医療健康学部 理学療法学科卒業生の体験談・口コミ

理学療法学科を目指した理由

高校時代、将来の学部選考に決められずにいました。

そんな時、叔父が肺炎で入院し持病の腎不全が悪化し透析を受けていました。

その時にリハビリを受けているのをみて、そのリハビリの先生の仕事への姿勢や叔父に対する接し方を見て、その職業に興味を持ち、受験しました。

理学療法学科で学んだこと・役に立っていること

理学療法の基本的な考え方やどんな人に必要なのかという基本的な知識、またリハビリをする上での基本的な体の構造や名称など医療専門知識を中心に学びました。

接し方や相手との距離感や立ち位置など接遇に関する基本的・応用的な知識を学びました。

理学療法学科の楽しかったところ

サークル活動や同級生の関わりはもちろん、先輩や後輩とのゼミでの関わりも楽しかったです。

また、医療専門用語や知識など難しい知識が多い反面、それが分かった時の嬉しさや楽しさは他の学部にないものだと思いました。

理学療法学科のつらかった・大変だったところ

医療専門の知識がほぼゼロであった一般の高校生にとって、一から体の構造や知識を学ぶことは容易なことではありませんでした。

そのため覚えることが多く、挫折しかけたことはたくさんありました。

一人では乗り越えられなかったと思います。

理学療法学科の卒業後の就職先・進路

自分は一般的な卒業生と同じく総合・専門病院への就職となりました。

他の卒業生には老人保健施設やデイサービスなど高齢者が通う通所サービスなどの施設に就職した方もいます。

病院の種類には整形外科、小児専門病院など多岐にわたります。

卒業後の所感・メッセージ

自分の通っていた学部が開設されて間もない所でしたが、教員の指導や講義はわかりやすく熱心に教えて頂けたため、とても楽しく授業や実習に取り組むことができました。

また、この学部の先輩や卒業生は高齢者と向き合うだけあった優しいので苦しい時やつらいときは必ず力になってくれると思います。

愛知県私立大学 リハビリテーション学部 リハビリテーション学科卒業生の体験談・口コミ

リハビリテーション学科を目指した理由

昔から医療関係の仕事に興味があり、リハビリという仕事に就きたいと高校生の頃に深く考えるようになりました。

その中でも作業療法士になりたいという思いが強くなり、リハビリテーション学科のある大学の進学を目指しました。

リハビリテーション学科で学んだこと・役に立っていること

以前は病院、現在障害者施設で働いており、自分の持っている資格がとても有効になり役立っています。

患者さんのリハビリを行い、元の生活に近づけていけるように日々学ぶ場所があるというのは私の人生の中でとても有意義なものとなっています。

リハビリテーション学科の雰囲気

私の行っていた大学にはリハビリテーション学科の中に理学療法専攻と作業療法専攻があります。

理学療法専攻は男性が7割女性が3割ほどです。私の専攻していた作業療法は男性4割女性6割ほどとなっています。

40人ほどのクラスで4年間一緒に勉強をするため、とても団結力が出て卒業した後もとても仲良くさせてもらっています。

リハビリテーション学科の楽しかったところ

40人ほどのクラスで4年間一緒に過ごすため友達、仲間という関係になります。

男女関係なくみんなで勉強を教えあい、協力していくという深い関係が生まれます。

テストや学園祭など大きなイベントの後には、飲み会や二次会といった楽しいイベントがあります。

リハビリテーション学科のつらかった・大変だったところ

病院、施設実習が大変でした。

学生が一人で実習先へ実技などを教えてもらいに行きます。

不慣れな場所で日々の勉強と違うことを行い、毎日レポートなどの課題があり睡眠時間の短い日々が続きました。

その実習が3週間、2か月、2か月という順番で行われます。

リハビリテーション学科の卒業後の就職先・進路

病院、施設に就職というのがほとんどです。

医学院への進学はいませんでした。

現在働きながら大学院へ行っている同級生はいます。

自分でホームページを見たりして調べます。

そして病院、施設へ見学へ行きます。

2重内定は不可のためしっかりと働きたいところを見極める必要があります。

卒業後の所感・メッセージ

今作業療法士を養成する学校はたくさんできています。

本当に作業療法士を目指している人は是非入学してください。

そして一緒に働いてみませんか?

実習や国家試験の勉強はとてもつらいです。

しかし働いて患者さんやその家族から感謝されたり、笑顔をもらうととても元気になれる素晴らしい仕事だと思っています。

地方私立大学 医療福祉学部 リハビリテーション学科卒業生の体験談・口コミ

リハビリテーション学科を目指した理由

中学生の頃から、医療系の専門職に憧れていました。

同じ分野の専門学校に進学することも考えましたが、大学では専門的な勉強の他にも一般教養の授業等、学びの幅が広いことが魅力的でした。

自分の将来に有用だと考え、大学進学を目指しました。

リハビリテーション学科で学んだこと・役に立っていること

リハビリテーションの専門的な知識・技術は専門職として働く上で役に立っています。

また、教養として学んだことや、サークル活動も、社会人としてのマナーや、コミュニケーションを図る上で役に立っていると思います。

リハビリテーション学科の雰囲気

定員70名程度で、男女比は7:3でした。

スポーツに打ち込んでいる人が多く、男女ともさっぱりとした体育会系の性格の人が多かったです。

みんな同じ目標に向かって学ぶこと、少人数のグループワークが多いこともあり、4年生になる頃にはかなり打ち解けて団結していたと思います。

リハビリテーション学科の楽しかったところ

課題に対して、みんなで助け合い、情報交換しながらすすめたり、時に脱線しながらもレポートをまとめたりといった作業が楽しかったです。

また、学科ごとのイベント(お花見など年に数回企画)を、協力しながら企画・運営していくことも楽しみでした。

リハビリテーション学科のつらかった・大変だったところ

一般の大学生よりもスケジュールがハードで、ほぼ毎日1〜6限目まで授業が入っていました。

課題も多かったので、普通の大学生のように授業の合間に息抜きなどもできませんでした。

また、個人的には実技テストや実習などの実践的な学習がたくさんあるのも準備や練習が大変でした。

リハビリテーション学科の卒業後の就職先・進路

卒業後はほとんどが病院への就職、続いて高齢者施設等が多いです。

私は生活期のリハビリテーションに興味があり、介護老人保健施設へ就職しました。

病院の中でも急性期・回復期病床のある病院への就職が特に多いと思います。

卒業後の所感・メッセージ

私立大だったこともあるのか、教師陣は充実しており、十分に学ぶことができたと思います。

同じ分野の専門学校はクラス定員が30〜40名程度であり、比較するとクラス定員が70名と多いぶん、先生方の目が届きにくいので質問などは自分から積極的にしていかないと内容が分からないまま授業が終わってしまうことも…。

積極的に学ぶ姿勢がないと大変かと思います。

同じ目標に向かって、学ぶ仲間がいることは素晴らしいことです。

高校生の皆さんにもぜひ、やりたいことを見つけて頑張ってほしいと思います。

埼玉県立大学 保健医療福祉学部 社会福祉子ども学科卒業生の体験談・口コミ

社会福祉子ども学科を目指した理由

最初のきっかけは、弱い立場にある人たちの力になりたいと思った事です。

自分にはいじめを受けていた経験がありますが、その時寄り添ってくれた人たちが多くいました。

専門職の方ではありませんでしたが、とても心強かったです。

自分もその時感じたあたたかさを、今度は与えられる側になりたいと思って福祉という道を選びました。

社会福祉子ども学科で学んだこと・役に立っていること

人を病気や障害で見るのではなくて、一人の人として捉えるということですか。

学んだことというとどうしても知識的な部分や技術的な部分を求めがちかと思いますが、福祉はずっと人について考え続けなければいけない点が大きく、そういった意味で学んでいくと物事のとらえ方がどんどん変わっていきます。

一人ひとり違った人で違った価値観を持っていて、それらは何が関わってできたものなのか。

病気や障害が影響しているのか、それとも家族や環境が原因なのか。

ここまで1人の事を深く考える分野は中々ないと思います。

社会福祉子ども学科の雰囲気

学生は基本的に真面目で、とてもやさしい子が多いです。

意識もやはりなかなか目指そうと思わないと来ない分野ですので基本的に高く、さらに授業を通して高めあっている雰囲気はあります。

男女比は、圧倒的に女子が多いですね。自分の所は男:女=1:8くらいです。

社会福祉子ども学科の楽しかったところ

福祉というととても堅いイメージがついてしまっているかなと思うんですが、学生たちはとても明るく笑いが絶えず、授業も心理テストをしたりカウンセリングの体験をしてみたりと中々楽しいものが多かったです。

また自分の考え方をとても周囲が尊重してくれますし、課題解決のために自分独自の方法を考えることもあり、意外と個性がいかせるところもよかったです。

社会福祉子ども学科のつらかった・大変だったところ

やはりころころと制度が変わっていく分野なので、ただでさえ覚えなければいけない制度や法律が多いのに、すぐに対応して覚えていかなければいけないことです。

またいろいろな人を理解していけなければいけないので、つらい状況を背負った人たちの現実をたくさん学ぶところが少しつらいものがありました。

もちろん活力にもつながりましたが。

社会福祉子ども学科の卒業後の就職先・進路

福祉職の公務員や企業が主です。

もちろん施設に行く人もいますし、ケアマネージャーの方向を目指す人もいます。

また医療ソーシャルワーカーとして、病院へ就職もあります。

基本的に資格としては社会福祉士を目指すことになりますが、大学で学んでいれば資格は必須ではないという就職先もあって、卒業時に資格を取らずに就職してから勉強している人もいます。

卒業後の所感・メッセージ

福祉は、自分の今までしてきた経験をすべて活かせる分野です。

つらかったこと、楽しかったこと、努力したことなどすべて支援にいきてきます。

人のために何かするのが好きな人、人の事を考えるのが好きな人、ぜひ福祉という分野に目を向けてみてください。

きっと人のあたたかさを感じられるので。