医療専門学校 診療放射線学科の口コミ

(読了時間:2分4秒)

医療専門学校を目指した理由

私は、高校3年生まで実際はやりたいことはありませんでした。

進路を考えているときに看護師をしている母が放射線技師になればと提案をしてくれ知り合いの放射線技師の方に病院見学をさせていただき患者さんのためにできる仕事でいい仕事だなと思い、進学をしました。

また、この専門学校は3年で卒業できるので、早く働けると思い進学しました。

医療専門学校で学んだこと・役に立っていること

学校では、放射線の取り扱いの基礎知識、レントゲンやCTを撮影するときの患者さんの退位など病院で働くときに必要な知識を学びました。

また、撮影をした画像の見方なども学びました。

技術的、知識的なことはもちろん、この学校はスーツ登校でしたので社会人としてのマナーなどもしっかりと教えていただき、今すごく役に立っています。

医療専門学校の雰囲気

学生の性格としては九州の学校であったのですごくおっとりとしていて優しい人が多かったです。

意識の面はやはり学費が高い分、両親に感謝し勉強をしている人が多かったです。

男女比としては、6対4ぐらいの割合でした。

医療専門学校で楽しかったところ

勉強量が多く、大体の生徒さんは疲労がかなりありました。

でも、この学校はスポーツ大会といって1、2、3年生対抗でソフトボール大会がありました。

体を動かす暇もないくらいに勉強をしていたので、こういう体を動かす機会やクラスのみんなと一緒にできることがすごく楽しかったです。

医療専門学校でつらかったところ・大変だったところ

つらかったところは、やはり勉強量の多さです。

一日4限の授業を受講してテストは一年に4回ほどあり、常に勉強という状況だったのでとてもつらかったです。

家に帰っても勉強することは多くレポートをびっしりと埋めることがとても大変でした。

レポートもかなりの量を課せられていました。

医療専門学校の卒業後の就職先・進路

やはり九州にある専門学校なので就職先は九州特に福岡県が多かったです。

九州全県に就職先がありました。

まれに東京や大阪などにも就職しています。

病院に勤める人がほとんどでしたが、学校の教師として就職された方もおられました。

またメーカーに勤める方もおられました。

医療専門学校卒業後の所感・メッセージ

良かったところは、3年で卒業できるため早く働ける点です。

ですが、その分授業のスピードも速くテストもかなりありました。

そのような環境で勉強することができたので自分自身かなり成長することができました。

先生方はいい人ばかりでとても勉強しやすい環境でした。

高校生のみなさん、自分がしたいことを明確にして進学先を選択してください。

勉強は大変ですが、その大変なことをした先に何が待っているかをイメージしながら勉強してください。