医療専門学校 医療秘書学科の口コミ

(読了時間:1分58秒)

医療専門学校を目指した理由

将来医療事務として働きたいと思い志望しました。

大学よりも入学しやすく、早く仕事に就けるため専門学校神学を希望しました。

大学は自分で自分の学ぶ分野や資格を決めていかなければなりませんが、専門学校はクラス全員で共通の目標に向かっていくので、その方が自分に合っていると思い専門学校を目指しました。

医療専門学校で学んだこと・役に立っていること

専門学校で学んで今役に立っていることは、パソコンのスキルと簿記です。

病院は専用の医療会計ソフトを業務で使用するのですが、それを入職前に学ぶことができたことは大きかったです。

また簿記の資格も履歴書に書けて、なおかつ実際の業務にも役に立っているので勉強してよかったと思っています。

医療専門学校の雰囲気

ほとんどが女性で、みんな将来は医療事務として病院やクリニックに就職したいと思っている人でした。

明るい性格の人が多く、友達もたくさんできました。

みんな同じようなところに就職するため、就職活動や、仕事をしてからも同じ話題で盛り上がることができます。

医療専門学校で楽しかったところ

共通の目的を持つ仲間と学べるところが楽しかったです。

特に同性の仲間が多かったため、友人もたくさんできて悩みを相談できました。

卒業後もその付き合いは続いていて、今でも悩みを共有できます。

そういった友達がたくさんできたことも楽しかったところの1つです。

医療専門学校でつらかったところ・大変だったところ

資格の勉強が大変でした。

必ず取得しなければならない資格もあり、試験前は必死で勉強しました。

大学よりも勉強は大変ではないと思い入学しましたが、大学に行った友達の方が楽そうだなと思うくらい勉強がつらかったです。

医療専門学校の卒業後の就職先・進路

自分も周囲の人もほとんどが病院・クリニックに就職しました。

私は現在も医療機関に勤めておりますが、私の友人も転職はしていても医療機関に勤めている人がほとんどです。

医療機関は全国にあるので、結婚したり引っ越ししても同じ業界で働けることはありがたいと思っています。

医療専門学校卒業後の所感・メッセージ

就職後の給与ですが、専門卒と大卒で違いがある場合が多かったのが、専門学校を選んでいまいちだったところです。

仕事は同じかむしろ私の方ができて、かつ経験年数も長いのに大卒の人の方が給与が高い場合がありました。

しかし資格をたくさん取れたことは専門学校の方を選んで良かったと思っています。

進路を決めるのは大変だと思いますが、その進路が最終地点ではなく、通過点なので一生勉強や努力は続くと思って、自分の夢に向かって頑張ってください。