中央大学 法学部 法律学科の口コミ

(読了時間:1分38秒)

法律学科を目指した理由

法学部法律学科と初めから決めていました。

前身が法科学院であること、その伝統を踏まえ発展した学部であること、その発展により到達しうる学問が誇れるものであることなどが理由です。

最も高い水準というものに到達できると信じて学びたいと思いました。

法律学科で学んだこと・役に立っていること

法律の基礎を学びました。

教授の書かれた教科書の個性が強く、変わっているという評判が強かったと思います。

変わっている、個性的で面白い、或いは注目を浴び名誉教授として特別講義が話題になりました。

授業に出て時代を共有でき良かったと思います。

法律学科の雰囲気

雰囲気は明るくエリート意識や特別と思えるような知性的雰囲気でした。

女性は少なかったですが、明るく理知的で強いイメージが良いと思っていました。

司法試験を目指すなど目的をしっかり持っている人が多いと思います。

法律学科の楽しかったところ

楽しかった思い出は、やはりゼミに参加したことになるのではないでしょうか。

授業自体は、黙ってノートを取り、ノートのコピーについて試験前に話題になりました。

ゼミの議論は楽しかったが、もっと真剣になってもっと良かったと後から思いました。

法律学科のつらかった・大変だったところ

法学部法律学科でつらく大変なのは、暗記の量だと思います。

教科書や六法全書や判例集など、丸暗記がつらく、厳しく、大変でした。

ノートの整理ややはり暗記もあり、勉強に集中しているとは言っても、大変なことだったと思います。

法律学科の卒業後の就職先・進路

司法試験を受けるために勉強に専念する人が多かったと思います。

すぐに受かるわけでもなく、何年くらい勉強に集中できるものか、がよく話題のなっていました。

企業に就職するための準備をする人は、情報収集に余念がなかったと思います。

卒業後の所感・メッセージ

卒業後、法学部法律学科が発展していることやさらなる飛躍を目指し邁進していることを新聞やパンフレットでよく目にします。

より進化・向上ていることが窺えるので、高校生に自信を持って勧めたいと思います。

素晴らしい四年間を送れることでしょう。