地方私立大学 法学部 法律学科の口コミ

(読了時間:1分57秒)

法律学科を目指した理由

単純に法律に関係のある仕事に興味がありました。

ドラマで見る弁護士検事さんが格好良いなと思っていました。

身近に法律にかかわる仕事をしている人がいなくて、それじゃあ、自分で大学に行って確かめてみようと考えました。

法律学科で学んだこと・役に立っていること

日本は法治国家であり、さまざまな考え方の人が暮らしている中で、法律がとても大切だと学びました。

また、在学中に、商取引に関わる法律(商法など)に触れ、取引のトラブルの解決なども法律が必要だと言うことを知りました。

現在は、六法全書などの小難しい法律文書や、取引先との契約書をすらすらと読めるので、とても助かっています。

法律学科の雰囲気

法学部には必修の卒業論文がないところが多く、就職活動をする年になっても、卒論に追われて時間が取れない、などの慌しさがありません。

司法試験を目指す学生以外は、全体的にまったりと法律の勉強をしていました。

司法試験のほか、宅地建物取引士の資格を取る学生も、力を入れて勉強を頑張っていた印象があります。

法律学科の楽しかったところ

商取引の授業は、さまざまな実例を元に議論しました。

高校までの勉強とは違い、知識だけではどうにもならず、議論の方法も考えながら勉強しました。

それがとてもやりがいがあって楽しかったです。

また、裁判所に見学に行く単位もあり、今まで体験したことのない体験で楽しいです。

法律学科のつらかった・大変だったところ

教授にもよりますが、ただただ六法全書を読み上げるだけの授業は、正直眠たくなりました。

睡魔に襲われながら、落とせない単位の授業を受けるのはつらかったです。

試験は文章で記述するものが多く、大変な部分もありました。

法律学科の卒業後の就職先・進路

不動産関係の会社、法律事務所関係(事務職含む)が多かったです。

次に、銀行など金融関係も多かったです。

在学中から準備をし、公務員を目指す人も沢山いました。

教員免許を取って、先生になる人もちらほらいます。

卒業後の所感・メッセージ

卒論が無く、4年間しっかりと自分の配分した時間で活動できました。

就職先は、1年生の頃からしっかり見据えて準備したほうが良いと思います。

法曹界に行けるのはごくわずかですので、教員免許を取れるように授業を取ったり、宅地建物取引士の資格を目指して勉強するなど、早い段階で将来を考えたらそれだけ有利になります。

法律と言うと堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、六法全書を読んだりするのは意外とすぐに慣れます。

法律用語が読めるようになると、教科書も楽しくなります。