地方私立大学 法学部 法律学科の口コミ

(読了時間:1分44秒)

法律学科を目指した理由

私がこの学部を志望した理由は、社会に出れば全て法律がすべて関わっており、公務員、サラリーマン問わず社会人になる前に、身近なものとして学ぶべきかと思ったからです。

もちろん漠然としたものでしたが、就職でも有利になるかと自分なりに考え志望しました。

法律学科で学んだこと・役に立っていること

社会人になるとどんな職業でも身近に法律が関わってきます。

たとえば、一番自分にとって利益になったのが、資格試験の際、法律関連については、得意分野になりました。

私はとある企業の営業所の所長ですが、部下の労務管理などもする必要があり、学んで損はなかったと思います。

法律学科の雰囲気

法学部を目指す方は、将来的な展望を持った方が多かったと思います。

もちろん大学側もカリキュラムで弁護士などの士学部分に力を入れておりますが、公務員試験対策も付随して取りやすいような環境でした。

ちなみに女性は固い、まじめな方が多いです。

法律学科の楽しかったところ

実際に法廷を見学させてもらい、本当のドラマのワンシーンの様な、非日常な感覚でとても新鮮でした。

また他の友達も資格取得などに積極的であり、励みになる事も多かったので、さぼり癖のある私には、とてもありがたかったです。

法律学科のつらかった・大変だったところ

六法全書、判例など難しい、堅苦しいというイメージそのものです。

試験前などは何度も読み直して理解しなければなりませんし、文章題ばかりのテストなので、暗記だけではなく読解力もないと、当然、悲惨な点数になり苦労します。

法律学科の卒業後の就職先・進路

公務員、教員が多いのですが、民間志望もそこそこいました。

一部法律の虜になった方々は、弁護士、司法書士の士業を目指すべく、大学院に行く場合もあります。

ちなみに民間では、意外と金融や保険などにエントリーする方もいました。

卒業後の所感・メッセージ

大学の4年間で法律を学ぼうと考えている方は、まず先に漠然とでも良いのですが、次の目標、どういう職に就きたいかを持って入るべきかなと個人的に思います。

何となく入ってきた友人の中には、せっかく受かった大学を残念ながら途中で辞めてしまったかたも何人かは見ました。

目標さえあれば、少しくらい難しい法律お勉強も何とか乗り越えなれるはずだと思いますし、是非頑張ってください。