地方国立大学 法学部 法律学科の口コミ

(読了時間:1分48秒)

法律学科を目指した理由

法学部法律学科を目指した理由は、裁判を傍聴したことがきっかけでした。

当時の自分にとって衝撃的であり、強く印象に残ったことから、法律を学ぶ必要性を痛感したために法学部に焦点を絞って受験勉強をしてきました。

法律学科で学んだこと・役に立っていること

法律学科で学んだことは、いまとても役に立っているという実感があります。

司法改革が進められていくなかで、一般的な知識ではなく専門的な知識があることによって得られるメリットは少なくないからです。

お得になるだけでなく損をしない、また権利を主張するといった当たり前のことを身につけることができました。

法律学科の雰囲気

法学部法律学科の雰囲気は、とにかく真面目な学生が多いということです。

たとえば、周りに流されて遊んでしまうということもなく、就職であったり、弁護士など法曹資格であったり、皆それぞれの目標に向かって勉強しています。

大学という学び舎で時分のポテンシャルを上げようという意識も高いです。

男女比は少し女性が少ないかもしれません。

法律学科の楽しかったところ

法学部法律学科の楽しかったところは、学友たちとさまざまな法律談義をしたり、授業について語り合うということができたことです。

専門的な教室事例でさえも、飲み会のネタになるような、本当に同じ志を持つ者同士にしか分からない絆でつながっていたように思います。

法律学科のつらかった・大変だったところ

法学部法律学科のつらかったところ、大変だったところは、やはり単位を取得するための学部の試験の勉強でした。

曖昧なことや適当な知識でごまかせるような試験ではなかったからです。

また、毎回小六法を持参するという荷物が重いというところも大変でした。

法律学科の卒業後の就職先・進路

卒業後は大方の学生が法律畑に進みました。

企業法務部であったり、裁判所であったり、また弁護士を目指すために予備校に通う人や大学院に進学して学問の追究を続けるという人もいました。

また、法学部出身者はつぶしが利くということで評価してくださる企業も少なくないことから、一流企業に就職する人もいました。

卒業後の所感・メッセージ

法学部法律学科を出たことでよかったと思うことは、世の中の仕組みや成り立ち、また自分が社会においてどういったことを踏まえて生きていくことが最良であるか探るすべであったり、それらをおもんばかる力を得ることができたことです。