早稲田大学 法学部 法律学科の口コミ

(読了時間:1分42秒)

法律学科を目指した理由

法学部は、弁護士裁判官検事といった法曹関係者だけでなく、司法書士社会保険労務士などさまざまな資格を取得できるチャンスがあります。

資格を活かして、自分で独立・起業する際にも役に立つと思って決めました。

法律学科で学んだこと・役に立っていること

法学部で法律を学べるチャンスがあったので、行政書士の資格も、学生時代に取得しました。

社会人になったとき、法律を理解している人と法律を理解していない人では、はっきりとわかります。

法律を理解して、使いこなせると社会をより違った視点で見ることができます。

法律学科の雰囲気

男性のほうが多いです。

これは、どの大学の法学部も同じだと思います。

学生時代に目的意識を持っている人は、すでに大学一年生から資格取得(司法試験など)の勉強を始めています。

そのため、意識が高い人となんとなく法学部に入った人では、はっきり違います。

法律学科の楽しかったところ

事件や報道となっているニュースを法律で考えると、新たな発見があるところです。

犯罪や事件には、必ず法律が関わっていますので、法律を学ぶと、どうして、犯罪となるのか事件となるのかがわかります。

法律を学ぶと、テレビや新聞などのメディアが伝えている報道の裏側がわかります。

法律学科のつらかった・大変だったところ

法律を学ぶ際に、どうしても抽象論から考えるので、難解で興味がなくなり、眠くなって、勉強をせず、嫌いになるパターンの方が非常に多いです。

法律科目は、大学の単位は総じて厳しいです。

なので、マジで勉強しないと単位は取れません。

法律学科の卒業後の就職先・進路

司法試験を合格して、弁護士になっている友人や司法書士もいます。

企業に勤めている者もいますし、就職先は、さまざまです。

資格を活かして、起業したり、フリーランスになっている方もいます。

法律系の資格を活かした仕事をしている方が多いですね。

卒業後の所感・メッセージ

他の学部に比べて、自由度が大きい仕事に出会えるのが特徴です。

法学部に縁があって入学した場合に、是非とも司法試験や司法書士にチャレンジしてみてください。

弁護士というと憧れの職業かもしれませんが、法学部できちんと勉強すれば、誰でもチャンスがあります。