法文学部卒業生の体験談・就職先まとめ

(読了時間:3分49秒)
鹿児島大学 法文学部 経済情報学科卒業生の体験談・口コミ

経済情報学科を目指した理由

金融機関や証券会社への就職を希望しており、経済や会計を学んだ上で就職を優位にしようと思ったためです。

また最も近い国立大であったので通学や学費の面でも他の大学よりメリットが大きいと感じこの大学を選びました。

経済情報学科で学んだこと・役に立っていること

大学では経済学や簿記、会計の知識を中心に学びました。

特に簿記や会計の講義での知識は現在の会社に入って、法人営業を行う際、決算書の見方や財務分析等において、とても活用できており、有意義なものになりました。

経済情報学科の雰囲気

鹿児島県内の学生が約半分、九州内が四割、その他が一割程度です。

男女比は概ね半分ずつ程度だと思います。

九州内の出身者が中心なので、和気あいあいとしています。

ゼミ等で遅くまで作業することもありますが、仲良く進めることができました。

経済情報学科の楽しかったところ

一番の楽しかった思い出はやはりゼミでの活動です。

商店街の活性化等について取り組んでいたのですが、県内外の商店街の方々と活性化について話し合い、イベント等を企画、実行できたのはかけがえのない思い出です。

経済情報学科のつらかった・大変だったところ

鹿児島県内の学生が大半のため、入学してすぐは県外出身者に対して排他的な印象を受けました。

但し、しばらくすると徐々に打ち解けていったので、内気な県民性のためなのかなと思います。

大学の後半の方はそこまで感じるかとはありませんでした。

経済情報学科の卒業後の就職先・進路

経済学科なので金融機関や証券会社、保険会社等を受ける人が多かったように思います。

公務員を目指してダブルスクールしている学生もちらほら見受けられました。

理系と比べると就寝先がとても限定的になってしまうなという印象です。

卒業後の所感・メッセージ

鹿児島という土地柄のせいもあるでしょうが、仲間内やサークル、ゼミ等での飲み会がとても多かったです。

学祭などの活動もとても密度の濃いものでした。

その分その後の人生においてかけがえのない友人もたくさんできました。

愛媛大学 法文学部 人文学科卒業生の体験談・口コミ

人文学科を目指した理由

いろいろと迷いましたが、マルチに授業を選べる学部・学科であることから法文学部・人文学科を選びました。

教育学部法学部といったものに縛られず、法律も学べて、教育関連も学ぶことができるところは意外と少なかったためです。

人文学科で学んだこと・役に立っていること

教育学部、法学部、文学部といった縛りがなかったので、教育関連の教員免許や学芸員資格、図書館司書から法律関係まで学ぶことができたので、卒業後にいろんな方面で役に立ちました。

文系はもちろん、法律にも知識があり、教育関連も学べると就職への選択肢が増え、アピールできることも多かったと思います。

人文学科の雰囲気

全体的にみて、男女とも同じくらいの比率でした。

学科やゼミによって特色が出てくるので、そこで男女比が出る形でした。

教授の専門性や熱意によっても、学生の性格が違っていて面白かったです。

学術への情熱に満ちている先生の生徒は特に学生生活が充実しているように見受けられました。

人文学科の楽しかったところ

法律系の授業では実際に裁判の傍聴へ行きレポートを書いたり、考古学の授業では近隣の城や実際の遺跡での実地もあるなど、ただ単に座学だけではなかったのが面白かったです。

都会にある大学よりは、面白みのある授業を教授が楽しんで作っていたので、学生としても楽しむことができました。

人文学科のつらかった・大変だったところ

教員免許のための授業は、教育学部の授業を受けます。

その教育学部の教授たちが、マルチに授業を受けられる法文学部人文学科を嫌っていて「教員免許を取りたいなら最初から教育学部に入るべきだろう」と風当たりが強く、授業でも露骨に言ってくるのがつらかったです。

人文学科の卒業後の就職先・進路

教育学部はほぼ皆教育現場に、法学部は司法関連へとだいたい方向性が決まっている中、さまざまな方面への就職先へと決まっていくのが面白かったです。

縛りの少ない学部・学科であるがゆえに迷いもしながら、いろいろなことを吸収できた学生生活であったことをアピールできたように思います。

卒業後の所感・メッセージ

最初から完全に道を決められることも素晴らしいですが、入学してからやはり違うと退学して受験し直す他大学の友人も見てきました。

法文学部・人文学科は選べる選択肢も多く、自分で選択していくのは最初は難しいかもしれませんが、いろいろと迷い決めるということはとても幸せで楽しいことでした。

しっかり迷いながら自分の道を探っていくことができる学生生活を大いに楽しんで、今後の人生が豊かになり、幸せな時間となるよう応援しています。