語学専門学校の就職先、就職率、卒業後(読了時間:1分31秒)

語学専門学校で勉強をした人たちの就職先は多岐にわたっており、さまざまな業界や企業などで活躍しています。

ここでは、語学専門学校の就職先や卒業後の様子、また就職率はどれくらいかなどについて紹介します。

おもな就職先

語学専門学校からは、エアライン、ホテル、アパレル、ブライダル、旅行など、さまざまな業界の企業へ就職している人がいます。

語学専門学校によっては、エアラインやホテルなどへの就職を目指す人向けの学科・コースを設けており、各学科・コースでの学びを生かして、希望の企業へ就職を果たしている人が多いようです。

先述したような業界では語学力が求められる場面が多く、語学専門学校で身につけたスキルを強みに就職活動がしやすいといえるでしょう。

このほか、メーカーや商社、物流、貿易関連などの企業へ就職している人もいます。

最近ではグローバル展開に力を入れる企業も増えているため、確かな語学力を身につけている人は高く評価され、有利に就職できることがあります。

就職率はどれくらい?

語学専門学校へは卒業後に就職を希望する学生が多く入学するため、1年次から就職につなげるための実践的なカリキュラムが組まれています。

キャリア相談や企業インターンシップ制度、就職活動対策講座など、就職サポート体制に力を入れている学校も多く、卒業後には現場で即戦力として活躍できるための知識・スキルを着実に身につけ、就職活動に臨むことができます。

こうしたなか、高い就職率を誇っている語学専門学校が多く、99%以上というような数字を発表しているところもあります。

各学校のホームページ上には内定速報なども掲載されることが多いため、気になる専門学校を見つけたら、どういった業界や企業へ就職している人が多いのかチェックしてみるとよいでしょう。

留学や、さらなる勉強を続ける人もいる

語学専門学校で学んだ人は卒業後に就職をするケースが大半を占めていますが、なかには海外留学をして、現地の大学などで異文化に身を置きながら語学などの勉強を続けていく人もいます。

また、専門学校在学中に知識を深めていきたい学問が見つかった場合などには、卒業後に4年制大学へ編入をするケースもあります。

なお、語学専門学校からの大学編入については、学校ごとに制度が異なる場合があるため事前に確認してください。

語学専門学校では複数の学科・コースを置いている学校も多く、どのような専門分野で学んでいくかによって、卒業後の進路は多少変わってきます。

就職先の選択肢はたくさんあるため、まずは自分がどのような仕事を目指していきたいのか明確にすることが大事だといえるでしょう。

職業カテゴリー