語学専門学校から目指せる職業・仕事(読了時間:1分29秒)

語学専門学校で学ぶと、どのような職業・仕事に就くことができるのでしょうか。

ここでは、語学専門学校から目指せる職業・仕事について代表的なものを紹介していきます。

目指せる職業・仕事はたくさんある

語学専門学校からは、じつにたくさんの職業・仕事に就くことができます。

たとえば、以下のようなものが挙げられます。

・客室乗務員(CA)
・グランドスタッフ
・ツアーコンダクター
・ツアープランナー
・ウエディングプランナー
・通関士
・海外営業
・英語教師
・レストランスタッフ
・ホテルスタッフ
・バイヤー

など。

就職先の業界としては、航空、ホテル、ブライダル、教育、サービス、アパレル、小売、運輸・物流、貿易、観光、金融、商社など多岐にわたっています。

語学力が生かせる仕事はたくさんあるため、語学専門学校でしっかりとした知識やスキルを身につければ、就職先の選択肢は広がっていくといえるでしょう。

さまざまな資格取得も目指せる

語学専門学校では、在学中にさまざまな資格取得を目指すこともできます。

おもなものとしては、TOEIC、TOEFL、IELTS、実用英語技能検定、全国通訳案内士、CBS(国際秘書)検定、観光英語検定、総合・国内旅行業務取扱管理者などが挙げられます。

このほか、中国語検定、ハングル能力検定、実用イタリア語検定、実用フランス語検定など、英語以外の外国語についての資格を取得している人もいます。

資格を持っておくことで、就職の際のアピール材料として生かすことができます。

どのような学科・コースで学ぶか

先に挙げた通り、語学専門学校から目指せる職業・仕事はさまざまなものがありますが、語学専門学校では進路別に学科・コースを設けているところが多く、どのような勉強を専門的にするかによっても進路は変わってくるといえるでしょう。

たとえば、客室乗務員やグランドスタッフなど航空業界を目指す場合には、エアライン関連の勉強ができる学科・コースを選択するほうが、より業務に関連した勉強をすることができます。

できるだけ早いうちに、将来目指す職業・仕事を決めておき、それに合う学科・コースへ入学することが、就職を成功させる近道となるでしょう。

語学専門学校からは、語学の能力を生かせる多様な職業・仕事を目指すことができます。

学校によって、どのような業界や職業への就職に強いかどうかが多少異なる場合があるため、気になる人は各学校の就職実績や進路についてチェックしてみるとよいでしょう。

職業カテゴリー