語学専門学校の学費、費用(読了時間:1分20秒)

語学専門学校へ進学して勉強をすることになると、どれくらいのお金が必要になってくるのでしょうか。

ここでは、語学専門学校の学費や、学費以外に必要な費用について見ていきましょう。

学費はどれくらい?

語学専門学校の多くは、学科・コースを問わず、2年制のところが多くなっています。

学費には入学金、授業料、施設設備費が含まれているのが一般的で、初年度が110万円~150万円程度、2年次になると初年度の学費から入学金を除いた金額で、100万円~130万円程度が相場とされています。

2年制の場合、卒業までには最低でも200万円程度は必要になりますが、語学専門学校や、同じ学校であっても学科・コースによって学費は異なります。

学費以外に必要な費用

語学専門学校では、学費以外に、教材費や諸経費(学生保険料、健康診断費用、同窓会費、卒業アルバム制作費など)が必要になることが多いようです。

これらの金額は、だいたい年間で10万円前後が相場とされています。

また、学科・コースによっては在学中に留学プログラムが実施される場合があり、それに参加するための費用は別途必要になるのが一般的です。

留学費用は学校によってだいぶ幅がありますが、50万円~100万円程度必要になることもあります。

さらに、資格試験を受験する際には、その検定料などもかかってきます。

進学する学科・コースによって、卒業までに必要な費用にはだいぶ差が出てくると考えておいたほうがよいでしょう。

学費サポート制度もある

多くの語学専門学校のでは、学生が安心して卒業まで学び続けられるよう、さまざまな学費サポート制度を用意しています。

代表的なものとして、授業料などが免除される特待生制度、無利子あるいは低利息で学費の一定金額が貸与される奨学金や教育ローン制度、働きながら学べる新聞奨学生制度などが挙げられます。

どのような学費サポート制度があるかは学校ごとに異なりますので、利用を検討する人は、各学校の詳しい情報をチェックしてみてください。

語学専門学校では、外国語そのものや、語学に関連するさまざまな職業を目指すための専門的な勉強をすることができます。

学校によって、どれくらいの学費が必要かはだいぶ違いがあるため、事前によく調べておくことをおすすめします。

職業カテゴリー