地方国立大学 芸術学部 美術学科の口コミ

(読了時間:1分44秒)

美術学科を目指した理由

漠然と美術の道に進みたいという強い思いが幼少の頃からあり、そのためには美術学科に進むしかないと高校の頃に決意して目指し始めました。

大学でも美術について突き詰めて学び、もっと絵の技術の高めていきたい思いがずっとありました。

美術学科で学んだこと・役に立っていること

大学で学んだ技術や知識はそのまま今の仕事に役立っています。

私はアニメーション研究室に在籍していたのですが、アニメーションを作る過程でさまざまなソフトウェアの使い方や、イラストの描き方を学ぶことができました。

美術学科の雰囲気

美術学科の学生は基本的に皆行き当たりばったり的で適当な性格の人が多いです。

意識としては皆が美術の腕を高めたいという思いが先行しているので、他のことは疎かになりがちですが集中力はものすごいです。

男女比は私のいた学科では女9:男1くらいでした。

美術学科の楽しかったところ

なんといってもほとんどの時間を作品作りに費やせるというというところです。

一日中作品に向かっていられるのでそれだけでも本当に幸せでした。

座学においても、自分の好きなジャンルにつて学べるので非常に楽しめます。

美術学科のつらかった・大変だったところ

作品を発表する機会が多く、表現したい!という確たるものがなければ途中でくじけてしまいがちです。

また選択を見誤って自分がやりたいことと異なる研究室に入ってしまうと、非常につらい思いをすることになります。

美術学科の卒業後の就職先・進路

私のようにフリーランスでイラストレーターをやっていくという人は少数で、多くが美術に関連する制作会社等に進みます。

また、現実問題として美術と関係ない一般的な職業に付く人が最も多く、その後も続けようと自分で思わなければ美術をやめてしまいます。

卒業後の所感・メッセージ

個人的には現在の活動の柱となった部分が構築できたので非常に良かったです。

ただ学生自体にコネを作って置かなければ、その後生きていくことは普通の学部よりは難しくなると思います。

美術学科とそれ以外で進路を迷っている高校生の方は、自分が本当にやりたいと思うことを思う存分やるべきだと思います。

どの分野にも困難は待ち受けていますが、特に美術分野は本当に心から好きだ!やりたくてしょうがない!という人は結局は生き残る世界だからです。