ゲーム専門学校 ゲームプログラマー学科の口コミ

(読了時間:3分50秒)

ゲーム専門学校を目指した理由

子供の頃からゲームで遊ぶのが好きでいつからか自分も制作者側になりたいという気持ちを持つようになり、高校を卒業してからの進路を考えたときに明確にゲームクリエイターを目指そうと思いました。

ゲームクリエイターを目指す上で大学と専門学校のどちらが良いのか考えたのですが、専門学校の方が専門知識が早くから学べることに加えて業界との繋がりがあって就職に有利だと思ったのでゲーム専門学校への入学を決意しました。

また、ゲームプログラマー学科を選んだのはプランナーやデザイナーといった仕事よりも自分に合っていると感じたことに加えて、どちらかと言うとプログラマーの分野の方に興味があったからです。

ゲーム専門学校で学んだこと・役に立っていること

ゲームプログラマー学科ですので主に学んだのはプログラミング言語についてで、ゲーム制作で使われる機会が多いC言語やC++など複数のプログラミング言語を学びました。

また、それ以外にも簡単なゲームやアプリを制作したり、提携企業にインターシップに行って本物の現場を経験したりもしました。

専門学校で学んだことで、現在でも特に役立っているのはプログラミング言語についてで、現在はそういった分野の仕事に就いているので専門学校で学んだプログラミング技術は私自身の重要な基礎として役立っています。

ゲーム専門学校の雰囲気

ゲームプログラマーは男性が多い分野の仕事なので専門学校でも7割以上の学生は男性だったと記憶しています。

ただゲームデザイナー学科などはそこまで男性ばかりというわけではなかったようなので、学科によって男性比には違いがありました。

ゲーム好きと言うと内向的なイメージがあって私もそんな感じだったのですが、全体的に見ると半々な感じで私を含めおとなしい感じの人も多かったですが明るく社交的な感じの人も多かったです。

また基本的にゲームが好きな人達ばかりでそういった共通点もあったので、分からないことがあればお互いに教え合ったりアイデアを出し合ったりと雰囲気は全体的に良かったです。

専門学校ということで絶対にゲーム業界に入りたいという人も多かったのですが、何となく進学したという感じの人もいて意識の高い人とそうでもない人で半々くらいでした。

ゲーム専門学校で楽しかったところ

最初はプログラミングの知識が不十分でできないことも多かったのですが、少しずつ上達して自力で簡単なゲームを作れた時は本当に楽しかったです。

また同じ夢を目指す仲間達と一緒に学べたことは良い刺激になって、こういうゲームがあったら楽しいんじゃないかとお互いにアイデアを出し合っている時は本当に楽しかったです。

ゲーム専門学校でつらかったところ・大変だったところ

入学前に本格的に独学で学んでいれば違ったと思うのですが、私はそこまでではなかったので最初はこうしたいと思ってもなかなか実現できないことも多くつらくて挫折しそうになることがありました。

また、専門学校の授業とは別にやる気のある人は自主学習でどんどん上達していくので、乗り遅れないためについていくのは結構大変でした。

あとは、ゲームで遊ぶことと作ることは全く違うので、最初はちょっと違うなと感じることもあって慣れるまでやや大変でした。

ゲーム専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路については意識の高かった人とそうでもなかった人で結構違いがあって、前者は希望通りゲーム関係の会社に就職する人が多かったですが、後者は関係ない分野に行く人が比較的多かったです。

クラスの中でも本当に優秀だった人の中には大手のゲームメーカーに就職した人もいたようですが、競争が激しいので多くの人は中小メーカーやスマホゲームの会社に就職していました。

私自身はゲーム関係の中小企業に就職して3年ほどゲームプログラマーとして勤務して、現在は別の企業に転職してそこで同じくゲームプログラマーとして働いています。

ゲーム関係の会社に就職した人はそんな感じで、後は専門学校で学んだプログラミングを活かしてIT企業にプログラマーとして就職する人がいたり、営業や事務などの全く関係ない分野に行く人もいました。

ゲーム専門学校卒業後の所感・メッセージ

ゲームプログラマー学科で学んだことは確実に現在の仕事にいきているので、そういった意味では入学して良かったと感じています。

何事においても重要な基礎が学べるので夢を目指す足掛かりになったと感じていますし、同じ夢を目指す仲間達と接する機会があったことは支えとなると同時に良い刺激にもなりました。

ただ、実際にそこで学んで望んだ分野に就職できた経験を通して感じたのは、ゲーム専門学校はあくまで基礎とちょっとした応用を学ぶ場所だということです。

普通に専門学校で勉強をするだけでは希望通りゲーム業界に就職するのは難しかったと思うので、そういった意味ではやや物足りないところもあったと感じています。

ただ、ゲーム専門学校に通っているだけでは希望通りの分野に進めるかは微妙なところなので、もしゲーム専門学校への進学を考えているのであれば自主的な努力が必要だと意識するように心掛けてください。

ゲーム専門学校はあくまで基礎が学べて業界への繋がりが手に入る場所なので、実際に夢が叶うかどうかは学校での学習とは別に自主的にどこまで努力できるかにかかっていると思います。