国公立大学 言語文化学部 言語文化学科の口コミ

(読了時間:2分14秒)

言語文化学科を目指した理由

もともと外国語をたくさん学べるところに行きたいと思っていたので、言語文化学部を目指しました。

英語やフランス語など、他の大学にあるようなメジャーな言語ではなく、アジア圏で話されているような、いわゆるマイナー言語を勉強したかったからです。

専攻する言語だけでなく、複数の言語を学べると思ったのでここを選びました。

言語文化学科で学んだこと・役に立っていること

専攻する言語によって学ぶものが変わりますが、私はインド系の言語を学んでいたので、インドの地理や歴史、経済、そして主に文化や文学について学びました。

当初はインドに興味がなかったのですが、勉強するうちに興味を持ち始め、実際にインドへ留学もしました。

楽しいこともありましたが、つらかったり大変なこともたくさんあったので、そのときの経験は、現在何かつらいことが起こっても頑張れる原動力になっています。

言語文化学科の雰囲気

国際思考の人が多いので、ボランティアをやったり海外へ留学やインターンをする人がたくさんいます。

男女比は7:3くらいの割合で圧倒的に女子の方が多かったです。

サークルなどで遊んだりはしゃいだりしている学生もいますが、どちらかというとまじめな学生が多いです。

言語文化学科の楽しかったところ

言語オタクのような人にはとても楽しい学部だと思います。

専攻語として設置されている27言語以外にも開講されている授業がたくさんあるのでいろんな国の言語や文化が学べて楽しかったです。

また、学園祭では1年生がそれぞれの国や地域の料理店を出し、2年生はそれぞれの言語で劇をやるのでそれがとてもよい思い出です。

言語文化学科のつらかった・大変だったところ

取らなければいけない授業がたくさんあるので他大学に比べると比較的忙しいと思います。

授業のとり方も3年生にならないと取れない必修科目があったりするので、1、2年生のうちに一気に単位を取っておいて後は楽するという方法がなかなかできません。

また卒論必須のゼミが多いので大変だと思います。

言語文化学科の卒業後の就職先・進路

あらゆるジャンルに就職する人が多かったです。

外資系企業や旅行会社など、海外に関わる職種はもちろん、商社や新聞社、銀行、テレビ局などいろいろな分野に進んでいると思います。

特にメーカー会社はアジアやアフリカ圏の進出を狙っているところも多いので、そういう分野を専攻していた学生は重宝される傾向にあります。

卒業後の所感・メッセージ

言語が学べて国際的な視野が持てるのは良いですが、ただ言語を学ぶのではなく、それを使ってあらゆる分野を勉強するための学部であることを覚えておくことが大切です。

海外のあらゆる国の大学と提携していたり、さまざまなイベントをやっていろんな人が講演に訪れたりするので、大学を通して今までになかった新しい発見が得られる場だと思います。

ただ、国立ということもあり制度がしっかり整っていなかったりするところがあるので、人任せになりすぎず、自分から調べたり行動することが必要です。