京都外国語大学 外国語学部 英米語学科の口コミ

(読了時間:1分57秒)

英米語学科を目指した理由

高校生の頃から英語が大好きで、大学に入ったら海外へ語学研修に行き、将来は英語を生かした職業に就きたいと思っていました。

英語を集中的に勉強し、英語漬けの環境に身を置くには外国語学部に進むのが一番良いと思いました。

英米語学科で学んだこと・役に立っていること

外国人の教授がたくさんいらっしゃり、日本語を学びに来ている留学生も学内に多くいたため、異文化交流を日常的にすることができました。

日本人としての自分を意識するようになり、アイデンティティーを見直すのにも役立ちました。

英米語学科の雰囲気

外国語が好きで外国に興味のある学生が集まっているため、個性的な学生が多かったです。

また、自分と違う個性を持った人を受け入れるおおらかな雰囲気がありました。

海外での経験を積む学生が多いので、情報交換や外国での話など話題も刺激的でした。

英米語学科の楽しかったところ

授業が全て英語で行われる学科もあり、英語で映画を観て感想を英語で語り合ったり、英語でのディベートなど日本にいながらにして海外留学をしているようでとても濃い時間を過ごせたと思います。

クラスメートも英語が好きな人ばかりだったので、照れたり気後れすることなく積極的に英語を使い、英語漬けの学生時代を過ごすことができました。

英米語学科のつらかった・大変だったところ

選択で同時通訳の授業を受講したときは、ついていくのが大変でした。

プロの現役同時通訳者の先生がひとりひとりのチェックをされていてヘッドホンから聞こえてくる英語を聞きながらそのままマイクに向かって日本語に訳して話すのですが、自分が話している間にもう次のセンテンスが聞こえてきて間に合わなくなり、必死でした。

大変でしたが、やりがいのある授業でした。

英米語学科の卒業後の就職先・進路

英語の教師になったり、外国語を活かして、航空会社や商社にすすむ友人も多かったです。

海外の大学にそのまま留学をしたり、海外移住をして現地で仕事に就く友人もいました。

卒業生向けの会報誌には海外在住者のエアメールの欄があるのですが、皆さん世界中さまざまな国で活躍されています。

卒業後の所感・メッセージ

先生方も、現役で辞書編集に携わっておられる方や、日本文化を愛する外国人教授、現役通訳者など多様な顔ぶれで、授業の合い間になかなか聞けないような裏話や面白い話もしてくださいました。

よく言われたのは「言語は手段」ということで、身につけた言語を活かして何をしたいかを考えていくように、ということでした。

この学部でまわりの環境を活かしてしっかりと勉強すれば、必ず新しい世界が開けていくと思います。