獨協大学 外国語学部 英語学科の口コミ

(読了時間:1分33秒)

英語学科を目指した理由

子供の頃から英語に興味があり、中学や高校でも英語の勉強に特に力を入れていました。

その延長線で自分の好きなことを追い求めたくなり、更に卒業後は英語を使った職に就きたいという思いもあり、この学科を目指しました。

英語学科で学んだこと・役に立っていること

大学の授業の中でも英文の購読や文法、作文が好きだったので積極的に出席して勉強しました。

今は翻訳者という仕事をしており「読む」「書く」という能力が求められているので、大学で得た知識やテクニックがダイレクトに活かされています。

英語学科の雰囲気

男女比は女子が9割を占めていたため男子学生によっては肩身が狭く感じられるかもしれません。

ですが誰もが国際化に対する意識が高く英語の必要性について強く感じており、自身の英語力に磨きをかける気持ちの強さが感じられました。

英語学科の楽しかったところ

講師や教授の中には英語圏の方も多く、授業が全て英語で行われることも少なくありません。

始めはついていくのが大変でしたが、英語力や知識が高まるにつれ、活きた英語を直に感じられるようになるとやりがいが出てきます。

英語学科のつらかった・大変だったところ

帰国子女や高校で海外留学を経験している学生とは語学力でスタートラインが違っていたので、入学時に既に出遅れた感じがありました。

特に討論の授業では彼らの話についていけず、追いつくために人一倍努力しなければならなかったのが大変なところでした。

英語学科の卒業後の就職先・進路

就職先は学んだ英語を活かしたいと思うため、外資系企業や英語教員を就職先に選ぶ学生が多いです。

自分が得た語学力を試すために海外留学の道も選んだりします。

また、学問としての英語の更なる追求のために大学院に進学する学生もいます。

卒業後の所感・メッセージ

私は英語学科の中でも文学を専攻したために、卒業後の就職先をどこにしようか迷いました。

大学で学んだことをどのように活かすか、これができる!ということを在学中に明確にしておかないと就職活動においては不利になるかもしれません。