服飾専門学校口コミ記事まとめ

(読了時間:10分8秒)
服飾専門学校 ファッションビジネス科卒業生の体験談・口コミ

服飾専門学校を目指した理由

アパレル関係の仕事に就職し、将来的には独立し自分のお店を持ちたかったので、服飾専門学校のファッションビジネス科を目指しました。

その希望する科ならファッションに関する知識、ビジネス的な経営のこと、経理のことなど学べると思い志願しました。

服飾専門学校で学んだこと・役に立っていること

服飾専門学校のファッションビジネス科ではさまざまなことを学びました。

ファッションに関する知識、そもそもの洋服の構造、実技的な服飾造形、色彩理論、経営のこと、数字など経理のこと、売り場での接客技術、ビジネスマナーなどです。

服飾専門学校の雰囲気

服飾専門学校のファッションビジネス科の雰囲気ですが、一言で言えばチャラ過ぎず、真面目すぎずという感じです。

服飾専門学校は良くも悪くも奇抜な人が多いところです。

しかしファッションビジネス科は授業内容がそうさせるのか、割と堅実な人が多い印象です。

服飾専門学校で楽しかったところ

服飾専門学校のファッションビジネス科の楽しかったところは、やはり皆が仲が良いということに尽きると思います。

同じような夢を持ち、同じ方向で努力するので、必然的に仲間意識が芽生えいつの間に仲良くなっているものです。

服飾専門学校でつらかったところ・大変だったところ

服飾専門学校のファッションビジネス科の大変だったところは、とにかく課題や宿題が多いことです。

あらゆるタスクを同時進行でこなさなくてはならないので、とても忙しいです。

要領をつかむまでは、本当に遊ぶ暇がないくらい忙しいです。

服飾専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の進路ですが、やはり大半はアパレル関係の仕事に就きます。

ショップの販売員になる人が一番多かったと思います。

中には、アパレル以外の業界に就職する人もいます。

私もそうでした。

私は今、外食関係の仕事をしています。

数年前、念願の自分のお店を持つことができました。

服飾専門学校卒業後の所感・メッセージ

服飾専門学校のファッションビジネス科で学んでよかったことは、まず一生付き合える友人と出会えたことです。

これは本当に私の財産です。

在学中は大変だなと思うことも多かったのですが、卒業してからはあの時に苦労しておいて良かったなぁと思うことが多いです。

服飾専門学校 服装科卒業生の体験談・口コミ

服飾専門学校を目指した理由

服の基礎とデザインの基本を学びたかったので志望しました。

ファッションに興味があって、それを仕事にしたいと思ったので、そのためにはまずは専門知識を付けいたいと思いました。

服飾専門学校で学んだこと・役に立っていること

学んだこと、いま役に立っていることは、パターンの基礎、色彩や、洋裁の基本、服の歴史など、自分が洋服を買う時の目安にもなっていますし、基本的なセンスが磨かれました。

ここで得た感性は一生ついてまわるものなので、自分の財産になったと思います。

服飾専門学校の雰囲気

男女比は若干女性が多かったような気がします。

学生はみんなさすがに個性的、全国からファッション好きが集まります。

みんな個性的でファッション大好き、みんな服に工夫していて見ているだけでもすごく楽しいです。

服飾専門学校で楽しかったところ

とにかく自分の好きなことを思いっきりできることでした。

周りも自分と同じような目標を持った人がたくさんいたので、一緒にいるとモチベーションがあがります。

先生も、クラスメイトも自分の事をわかってくれるので、授業がとにかく楽しかったです。

服飾専門学校でつらかったところ・大変だったところ

やはり課題でしょうか。

自分の好きな事をやっているので、辞めたいとは思わないのですが、やはり課題提出前は自分の作品に妥協したくないので、何日も徹夜、なんてこともありました。

精神的は大丈夫なのですが、やはり体力的にはつらかったです。

服飾専門学校の卒業後の就職先・進路

圧倒的にデザイナー志望が多いのですが、卒業後はまずはショップ店員から始める人が多かったです。

又は生産管理や工場などの裏方やオフィス勤務です。

華やかな印象のあるファッション業界ですが、実はそういった裏方の地道な仕事がほとんどです。

服飾専門学校卒業後の所感・メッセージ

ファッションが好きなら、日本有数の学校で学ぶことをお勧めします。

海外にいってもみんな名前を知っているし、集まってくる人もレベルが高いです。

課題はつらいし、ドロップアウトする人もいますが、やってみる価値はあると思います。

服飾専門学校 スタイリスト科卒業生の体験談・口コミ

服飾専門学校を目指した理由

私が専門学校のスタイリスト科を希望したのは、まず第一にファッションが大好きだったからです。

また、当時スタイリストという職業に憧れていて、自分もその職に就きたいと考えていました。

そのため、こういう進路を目指しました。

服飾専門学校で学んだこと・役に立っていること

スタイリスト科で学んだことは多岐にわたります。

基本的には洋服に関するあらゆることを勉強します。

それこそボタン付けからマネキンの飾り付けまでありとあらゆることです。

学校で学んだことの中では、実際に洋服を作る授業があるのですが、その講義の内容が今最も役に立っていると感じます。

服飾専門学校の雰囲気

スタイリスト科の雰囲気は、一言で言えば派手です。

みんな一様に個性的なファッションに身を包み、自分という人間をこれでもかと主張している人が多いです。

男女比でいうと、4対6ぐらいで少し女性の方が多いです。

服飾専門学校で楽しかったところ

楽しかったところは、課外授業や会社見学などです。

有名なスタイリストの方の特別講義なども印象深く、とても良かったです。

クラスメイトもみんな男女関係なく仲が良く、充実した専門学校生活でした。

服飾専門学校でつらかったところ・大変だったところ

つらかったことは、課題の量です。

はっきり言って、遊ぶ暇がないほど忙しいです。

周りの大学進学した友達は、週末など悠々自適に遊んでいる様子でしたが、我々専門学生はヒーヒー言いながら課題に追われていました。

服飾専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の就職先は、ショップの販売員が一番多かったように思います。

私もそうでした。

中には、某有名なスタイリストの付き人のような仕事に就く人もいました。

アパレル関係ではなく、他業種に就職する人も少なくありません。

服飾専門学校卒業後の所感・メッセージ

この学校は、服飾関係の専門学校の中でも特殊な学科です。

はっきり言ってしまえば、あまり就職に有利な学科ではありません。

しかし、そこで学べることはかけがえのないものが多いです。

社会人になった私も、下地には専門学校時代に学んだいろいろな知識が基礎になっています。

洋服の仕立てから色彩感覚、接客のスキル、コーディネート論、コレクションと市場の関係などあらゆることがそうです。

高校生の現在、明確な将来のビジョンがあるならば、そういった専門的なことが学べる学校を選ぶのはわりと正しい選択だと私は思います。

服飾専門学校 服飾科卒業生の体験談・口コミ

服飾専門学校を目指した理由

この専門学校を目指した理由は、他の学校と比べてオープンキャンパスの際の説明で悪い点もしっかりと説明して頂けたことで一番信頼できたからです。

資料請求後の無駄な勧誘などもなくて、とてもクリーンな印象を持てたので、この学校に決めました。

服飾専門学校で学んだこと・役に立っていること

裁縫の知識の他にもカラーコーディネートや茶道や華道といった教養関係の授業も豊富で非常に充実した学生生活を送れました。

和裁関係の就職は中々厳しいのが現実なので、和裁関係以外に就職した際のビジネスマナー講座は非常に助かりました。

服飾専門学校の雰囲気

ほとんどが宮城県出身または在住の18歳の女性です。

まれに男性の入学生もいます。

最初は女性ばかりで戸惑うかもしれませんが少人数制の学校ということもあり、徐々に打ち解けてきています。

学校のカリキュラム自体が正直な所あまり就職に有利ではないため、就職のためだけに入学したというよりは好きなことを極めたいという人が多いため、就職希望ではない20歳以上の生徒もいました。

服飾専門学校で楽しかったところ

何と言っても好きなことに一生懸命打ち込めることです。

時間をかけてひとつの作品を完成させた時の大きな達成感は非常に嬉しいです。

その他には同じ趣味や目標を持った仲間ができ、小中高よりも人間関係は良好だったため、都合が合う際には授業終了後に食事に行くなど非常に充実した学校生活を送れました。

服飾専門学校でつらかったところ・大変だったところ

1年生の後半から2年生になると就職活動を開始しますが、就職活動と授業との両立がとても大変でした。

つらかったのは周囲の人が次々と内定をもらっているにもかかわらず自分だけ不採用が続いたことと、授業と就職活動の忙しさで就活うつのような状況になってしまったことです。

服飾専門学校の卒業後の就職先・進路

呉服店や百貨店、家業を継ぐなどといった和裁関係の他にはテレビ局やアパレル販売員、しょうがい者施設での裁縫の指導員などです。

その他には元々就職のためではなくて趣味を極めるために入学してくる人もいるため、本人の意思で就職をしない人もいました。

ちなみに私は卒業式の数日前に大手自動車メーカーの工場から内定を頂いてそちらで働いております。

服飾専門学校卒業後の所感・メッセージ

この学校は全校生徒が30人程度のかなり少人数の学校なのでとてもアットホームで上下関係やいじめなどが全くなかったのはとても良かったです。

ただ、入学前の学校説明会での話の通りに就職はかなり難しい業界なので奨学金を利用して進学する場合は慎重に検討した方が良いです。

服飾専門学校 ファッションデザイン学科卒業生の体験談・口コミ

服飾専門学校を目指した理由

専門学校のファッションデザイン学科を目指した理由は、高校生の時の文化祭のファッションショーが楽しかったからです。

私の実家は鳥取県で、大阪に親戚がいたことから両親も大阪に進学することは許してくれました。

高校時代は家政科で、服作りは大好きでしたので、大阪のいくつかの専門学校に見学に行き、この学校には編入制度もあり、就職率100%をうたっていたこともあり、興味がありました。

学校見学で鳥取にはない近づきがたいくらいのおしゃれな学生を見たり、構内のインテリアなどがすごくおしゃれに見え、この中に入りたいと思い、目指すことにしました。

服飾専門学校で学んだこと・役に立っていること

ファッションデザイン学科で学んだことは、発想の転換と、絵の描き方、チームワーク、根性です。

高学年になると、就職を意識して社会に出ても通用するよう育ててくれるので、課題の提出が多く、期限も厳しいです。

毎日夜中までデザイン画を描かなければならない日も多いですが、それで忍耐力がつき、今でも役に立っています。

服飾専門学校の雰囲気

ファッションデザイン学科の雰囲気は、とにかくおしゃれに夢中な生徒が集まっているので、ファッションブランドやイベントにとても詳しかったです。

服飾専門学校には珍しく、男女比が5対5だったので、女子高出身の私には刺激的で、おしゃれな男子の裁縫をする姿がほほえましかったです。

服飾専門学校で楽しかったところ

楽しかったところは、授業です。

有名なファッションデザイナーが講師で来てくださったり、元大手企業のパタンナーが授業をしてくださったりするので、プロの技を見ることができました。

服飾専門学校でつらかったところ・大変だったところ

卒業制作をチームでやるので、チームワークを取ることが大変でした。

1人が課題を忘れて来ると、チームリーダーが付き添いで提出しなければならなかったり、かなり遠方から通っている人も容赦なく課題を家に取に戻ったりしていました。

アルバイトもして、他にも就職活動の資料やコンテストの衣装も作っている人もいて、寝る間もないほどになるのが肉体的にしんどかったです。

服飾専門学校の卒業後の就職先・進路

就職率100%をうたっているだけに、就職担当の先生がいらっしゃるので、しょっちゅう相談に行っていました。

ファッションデザイナー、パタンナー、MDなど,大手企業や、DCブランド、中小企業に大体就職できたと思います。

就職を辞退する人には斡旋はないので、100%ではないですが、ほとんど卒業時には就職できます。

服飾専門学校卒業後の所感・メッセージ

この学校は卒業してからも名前を出せば誰もが知っている有名校です。

私も卒業後、大手の繊維商社に入社し、デザイナーを経験しましたが、先輩にも同じ学校の卒業生がいて、安心したのを覚えています。

パターンや、縫製の技術はいまいち授業時間が少なかったと思います。

体力的に厳しい体験も若いうちなら頑張れるし、大人になってからその経験が役に立つ時がきっとありますので、いろいろ頑張ってみてください。