北星学園大学 社会福祉学部 福祉臨床学科の口コミ

(読了時間:1分59秒)

福祉臨床学科を目指した理由

入学当時は高齢化社会に伴い福祉施設や医療ソーシャルワーカーなどの分野が今後需要が増え成長分野になると思ったことと、人の役に立つ仕事に就きたいと思い目指しました。

その中でも北海道ないし札幌の中では以前からその分野当該大学のOB・OGが活躍しており、実績もあった事から将来的にそこで学べば活躍できるのではないかと思い選択しました。

福祉臨床学科で学んだこと・役に立っていること

ほとんどの授業はソーシャルワーカーを養成するための授業に特化しています。

他の学部では当然学ぶことのできない専門的な内容であったため、福祉施設で現在勤務しておりますが、就職してから現在に至るまで学校で学んだこと、考え方がベースとなり役立っております。

福祉臨床学科の雰囲気

男女比率に関しては男:女=3:7で、学科全体では学生数は100名にも満たない人数で例年倍率も決して低くはないので、比較的勉強に力を入れた学生が多く、どちらかというとおとなしい雰囲気の学科です。

また授業の演習などで学生同士でのグループワーキングなどの多くあるので、お互いに和気あいあいとした雰囲気でもあります。

福祉臨床学科の楽しかったところ

社会福祉学部の中でも3つの学科に分かれ、福祉臨床学科はソーシャルワーカーを目指す学科でした。

最終的にはそこを目指す学生が集まる集団であったので、授業などでも目指すべきところは同じです。

グループワーキングなのでも意識が高いところでお互いに意見交換ができたことは楽しかったです。

福祉臨床学科のつらかった・大変だったところ

1,2年生のことはとにかく必修の授業が多く、自由度が低く、アルバイトなどの時間があまりとれず属に言うキャンパスライフを十分に楽しめなかったという印象です。

また3年になると現場実習もありましたので、他の学部に比べると学ぶべきことが多くまた資格を取るための必修授業が多くその点は大変でした。

福祉臨床学科の卒業後の就職先・進路

ほとんどの学生は病院の医療ソーシャルワーカーか福祉施設の生活相談員になるかのどちらかでした。

私は高齢者のデイサービスの生活相談員の職に就きました。

ただ必ずしも福祉系とは限らず例年1~2割程度の学生は公務員や一般企業に就職をしておりました。

卒業後の所感・メッセージ

医療・福祉系に就職を必ずしたいと思っている学生には入学して間違いのない学科だと思います。

ただ授業も専門的な分野に偏っているので、途中で福祉系は向いていないなと感じていた学生は途中で学部変更をしたり、授業についていけなくなる人も多々いました。

どういう目的でこの学科に入るのかしっかりとした動機をもって選んで欲しいなと思います。