福祉専門学校 介護福祉科の口コミ

(読了時間:2分4秒)

福祉専門学校を目指した理由

高校時代にファミリーレストランでアルバイトをしていました。

地域柄、お年寄りが来店されることが多く、お年寄りと接する機会が多かったです。

中には、お話好きな方や、少しお手伝いが必要な方もいらっしゃって、その中で関わることの楽しさを知り、お年寄りの介護に関する知識を深めたいと思いました。

福祉専門学校で学んだこと・役に立っていること

現在は主婦で、介護の仕事はしていないのですが、主婦になる前は介護の職に就いていました。

やはり、いきなり現場で働くよりも学校できちんとした知識を得て、実習も行って現場に出られたので、すぐに現場で即戦力になることができました。

あと、大人になって家族の介護が必要になり、専門学校で学んだ知識は今も役に立っています。

福祉専門学校の雰囲気

男女比は半々くらいです。

明るく、人を思いやれる学生が多いと思います。

学園祭も学科ごとに団結して企画し、楽しい雰囲気です。

実習もしっかり行くことができ、実習で学んだことを学校に持ち帰り、生徒で情報を共有するので、幅広く学ぶことができます。

福祉専門学校で楽しかったところ

さまざまなジャンルの専門知識を持った先生方とお話するのが楽しかったです。

授業のあとにもお話を聞くことがありました。

実習中も、何度か先生が巡回に来てくださって、雑談を交えてアドバイスしてくださったりしたので、息抜きにもなりました。

学校での技術実習も本格的で、勉強になり、楽しかったです。

福祉専門学校でつらかったところ・大変だったところ

実習が大変でした。

いくら学校の授業で細かく習っているとは言っても、実際に現場に行くと、習っていないことも出てきますし、人との接し方、社会人としての振る舞いについては実習中悩むことが多かったです。

授業の内容が幅広く、覚えることがたくさんあるのもやりがいはありましたが、大変でした。

福祉専門学校の卒業後の就職先・進路

特別養護老人ホームに就職する学生が大半でした。(自分も含めて)

現在はケアマネージャーになっている同級生も多いようです。

老健、デイサービスに就職する学生も少数ですがいました。

現在、私は主婦ですが、落ち着いたらまた介護の仕事をしてみたいと思っています。

福祉専門学校卒業後の所感・メッセージ

介護福祉科以外の学生とも、行事などで交流することがあり、新鮮な知識を常に得ることができる学校でした。

授業の内容が濃いですが、どこか気の抜ける時間もあり、楽しい学生生活を送れると思います。

授業中は、きちんと聞いて、わからないことはできるだけその場で解決し、自分から学ぶ姿勢を持っていないと、実習で大変ですし、就職してからはもっと大変だと思います。

先輩と交流も比較的しやすいと思うので、いろいろな人から情報を吸収できると思います。