動物専門学校 動物看護学科の口コミ(読了時間:2分18秒)

おやすこ 33歳 女性

動物専門学校を目指した理由

小さい頃から動物が好きでした。

犬を飼っていたこともあり特に犬が好きで、何か犬と関わる仕事をしたいと考え始めた中でどんな仕事があるのか、本やインターネットで調べていました。

その中で動物看護師という仕事を見つけ、人と関わることも好きな自分に合っていると思いました。

都内にあり通いやすいという点や、日本小動物獣医師会の資格を取れることに魅力を感じて専門学校に入りました。

動物専門学校で学んだこと・役に立っていること

さまざまな知識や実際に動物に触れての実習があり、その後に就職した際には動物との触れ合い方で役に立ちました。

勉強面ではもちろんですが、一番いい経験になったのはクラス制という点や人数が少なかったことで、みんなで一つの事をするときに協調性を身につけられたことです。

仕事をするうえで単独での行動はありませんので、とても役に立ちました。

動物専門学校の雰囲気

学生は高校卒業後に入学してくる人や、大学卒業後に勉強しなおしたい人、一度社会に出て新たに夢見て学びに来ている人などがいたので、さまざまな年代との交流があり明るく楽しく、時に真面目に取り組むという雰囲気でした。

ほぼ女性で、1割くらい男性が混じっているクラスでした。

動物専門学校で楽しかったところ

一クラス40人位でしたが、とにかくみんな仲が良かったところです。

年に一度研修旅行で出かけていましたが、夜には出し物の発表会があり順位がつくので、優勝目指してみんなで協力しながら楽しんだのが懐かしいです。

担任の先生も若く、生徒と一緒になって盛り上がってくれたので、とても和やかな空気でした。

動物専門学校でつらかったところ・大変だったところ

やはり勉強面では大変でした。

それまでの小中高で習ってきたものとは全く違う内容、聞きなれないワードに苦戦していました。

何より大変だったのは、実際に動物に触れながらの実習です。

生き物ですし、その子たちによって性格も違うのでマニュアル的なものでは対処できなくて、応用力が求められるところが大変でした。

動物専門学校の卒業後の就職先・進路

就職活動は基本的に自分主体でした。

私は都内ではなく、地元に帰ることにしたので学校での求人が極端に少なく、行きたいと思うところがあれば自分で動物病院を探しました。

私達の学科はほとんどが動物病院への就職ですが、中にはカフェや実験室へ就職する学生もいました。

動物専門学校卒業後の所感・メッセージ

私はこの学校へ通えたことで、その後の就職にもつながりましたし、とてもいい経験ができたので良かったと思います。

明るい雰囲気や先生が話しやすく質問しやすい環境でしたので、楽しく勉強できました。

怖い先生ももちろんいましたが、社会にでてからはそのような先生がいたことがとてもありがたいことだと今は思います。

命は何にも代えられないので、学生の頃から厳しくしてもらえたことが大事でした。

ただ、現実的に給料は安いと言われる世界ですし、仕事は体力も応用力も必要とされ命を扱う緊張感もありハードです。

動物看護の道を目指す方がいたら、ぜひ目標高く頑張ってもらいたいです。

職業カテゴリー