デザイン専門学校の就職先、就職率、卒業後(読了時間:1分28秒)

デザイン専門学校を卒業した人たちは、デザイナーとしてさまざまな領域で活躍しています。

ここでは、デザイン専門学校のおもな就職先や卒業後について、さらには専門学校の就職率についても見ていきたいと思います。

おもな就職先

デザイン専門学校のおもな就職先としては、出版社、編集プロダクション、印刷会社、Web制作会社、映像制作会社、建築設計会社、住宅メーカー、インテリア会社、イベント制作会社、ジュエリーメーカー、アパレル会社など、さまざまな企業が挙げられます。

「デザイン」とひとくちにいっても、グラフィックから映像、Web、アパレル、建築、インテリア、ファッションなどさまざまなジャンルのデザイナーがおり、活躍する領域も多岐にわたります。

在学中、専門的な勉強をしながら自分が本当にやりたいことを明確にしていくと同時に、インターンシップを経験して、就職先を具体的に絞り込んでいく人もいるようです。

充実の就職サポート制度

デザイン専門学校では、どの学校でも学生の就職サポートに力を入れています。

入学すると、早い段階から就職を見据えたガイダンスや進路指導、企業説明会などがスタートし、将来の進路について具体的かつ真剣に考えていくことができます。

デザイン専門学校には、各業界で活躍中の卒業生とのつながりもあり、それを利用して第一線で活躍している先輩の話を聞いたり、さまざまな企業の情報を集めやすい環境も整っています。

また、デザイナーとしての就職活動では提出を求められることが多い「ポートフォリオ」の作り方などもアドバイスしてもらうことができ、時間をかけて就職活動の準備に取り組むことが可能です。

就職率はどれくらい?

では、肝心の専門学校の就職率はどれくらいかというと、正確な数字を公表している学校としていない学校がありますが、高いところでは毎年90%~100%の就職率を安定的に推移しているようです。

デザイン専門学校では、先に見てきたような充実の就職サポート制度があり、入学直後から就職先決定まで、一人ひとりのキャリアをバックアップしてくれます。

専門学校では業界とのネットワークも強く、多数の求人が集まってくるため、こうしたサポートを受けて、希望通りの就職を実現している先輩たちが大勢います。

デザイン専門学校では、毎年、多くの人がデザイナーとしての第一歩を踏み出しています。

デザイン専門学校によって、どの領域への卒業生を多く輩出しているかは異なるので、気になる人は各学校の就職情報を調べてみてください。

職業カテゴリー