デザイン専門学校から目指せる職業・仕事(読了時間:1分27秒)

デザイン専門学校では、その名の通り「デザイン」について学ぶことができ、卒業後の進路もさまざまな可能性があります。

ここでは、デザイン専門学校からは具体的にはどのような職業・仕事を目指していけるのか、詳しく見ていきたいと思います。

さまざまな種類のデザイナーになる

デザイン専門学校では、さまざまな種類のデザインについて専門的に学びます。

「デザイン」といってもその内容は幅広く、専攻する学科・コースによって、以下のように多様な職業・仕事を目指すことができます。

・グラフィックデザイナー
・Webデザイナー
・映像デザイナー
・イラストレーター
・キャラクターデザイナー
・プロダクトデザイナー
・パッケージデザイナー
・インテリアデザイナー
・建築デザイナー
・空間デザイナー
・ファッションデザイナー
・ヘアメイクデザイナー
・漫画家
・アニメーター

など。

ポスターやチラシなどを作るデザイナーから、ファッションやヘアメイクのデザイナー、さらにはマンガやアニメのデザイナーまで、デザイン専門学校から目指せる職業や仕事は多岐にわたっています。

学校によって目指せる職業・仕事は異なる

ひとくちにデザイン専門学校といっても、すべての学校で上記で挙げた職業・仕事を目指せるわけではありません。

学校によって設置されている学科・コースは異なり、学校によって建築やインテリア系に強いところもあれば、ファッションやヘアメイク系のデザイナーを多数輩出しているところもあるなど、特色も異なります。

幅広くデザインを学べる学校も多くありますが、より将来の目標に近付くための勉強ができるよう、入学前に学科や専攻選びはしっかりと行っておくことが重要です。

学校によっては、1年次から2年次に進級する際などに、学科や専攻を変えることができるような制度を設けているところもあるようです。

働き方はさまざま

デザイン専門学校を卒業した人たちは、デザイン会社や出版社、アパレル会社、映像制作会社など、さまざまな企業へと就職を果たしています。

正社員として働ことはもちろんですが、人によってはフリーランスのデザイナーになったり、独立して自分のデザイン事務所を立ち上げたりと、将来的にはさまざまな道へ進んでいます。

デザイン専門学校では、デザインやアート、マンガ、アニメといったクリエイティブ業界で、デザイナーとして活躍するための知識・技術を身につけていくことができます。

デザイナーの就職先や活躍の場は多様な領域にわたっているので、どのようなジャンルで活躍したいか考えてみてください。

職業カテゴリー