デザイン専門学校のオープンキャンパス(読了時間:1分28秒)

デザイン専門学校のことをより深く知るのであれば、オープンキャンパスへの参加がおすすめです。

ここでは、デザイン専門学校のオープンキャンパスの内容や特徴などについて紹介していきます。

オープンキャンパスの内容

デザイン専門学校のオープンキャンパスでは、学校説明会や学校見学会、体験授業、入試相談会などが行われるのが一般的です。

グラフィックデザイン、映像デザイン、イラストレーション、インテリアデザインなど、さまざまな学科・コースを設置している学校であれば、各専攻の詳しい説明を聞くことができたり、それぞれの専攻について興味深い体験授業に参加したりすることもできます。

専門学校の雰囲気を味わいながら、デザイナーという仕事への理解を深め、その学校で学ぶイメージを膨らませていくことができます。

なお、オープンキャンパスは週末の日中に行われることが多いですが、昼間の参加が難しい人に向けて、学校説明会や進路相談会などを夜間に開催している学校もあります。

参加のメリットは?

オープンキャンパスに参加すると、さまざまな特典が得られます。

たとえば、AO入学への出願ができるようになったり、入試の選考料が一部免除になったりすることがあります。

また、遠方から参加する人に対しては、交通費補助や、学生寮の無料宿泊体験が用意されている学校もあります。

また、在校生や講師とコミュニケーションをとる機会もあり、学校生活や授業について不安なことを直接質問することが可能です。

オープンキャンパスに参加することで、その学校のことをより理解できて志望動機を考えやすくなりますし、将来の目標が定まるきっかけにもなるでしょう。

参加する際の注意点

オープンキャンパスは、その学校に興味を持つ人であれば基本的に自由に参加することが可能ですが、事前申し込みが必要となっている学校もあるので、詳しくは各学校のホームページ上などで確認してください。

当日は多くの参加者で混みあうこともあるので、質問したい内容は事前にしっかりとまとめておくとよいでしょう。

オープンキャンパスはフランクな雰囲気で行われることも多いですが、あくまでも受験生として、相手に不快感を与えないような身だしなみや格好で参加したほうがよいでしょう。

最近では、多くのデザイン専門学校がオープンキャンパスを開催しています。

オープンキャンパスでは、各学校の特色や校風を知ることができるきっかけにもなりますので、気になる学校があればぜひ参加してみてください。

職業カテゴリー