デザイン専門学校 クリエイト学科の口コミ

(読了時間:2分10秒)

デザイン専門学校を目指した理由

パソコンを使用して商業用の広告やポスター等の構成から印刷までの勉強やウェブデザインについて学びたかったので、ビジネスや漫画、商業用グラフィックデザインの授業を受けられるクリエイト学科のあるビジネス専門学校を志望しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

中学・高校時代はアナログな手描きのイラストや作品を作ってきましたが、パソコンで取り込みデータとして処理する技術までは学べませんでした。

実際にクリエイト系の専門学校に入学してプロとして活躍されている講師の方々から本格的な知識やノウハウを教えていただけて、オリジナルの作品を自分でデザインし印刷物として活用することができました。

デザイン専門学校の雰囲気

学校自体はビジネス専門学校なので公務員や漫画家等さまざまなジャンルの学科があり各学科のコースによって男女比やクラスの雰囲気は違います。

クリエイト系では漫画家志望のクラスではほぼ女性しかいませんが、グラフィックデザインやゲームコースでは男性の方が多いように思えました。

同じ目的や趣味で入学している人が多いので比較的早く仲良くなれると思います。

デザイン専門学校で楽しかったところ

基本的に自分の感性でデザインし作品を作ることができたのでやりがいがありました。

プロの先生に自分の作品を見てもらい、すぐその場で的確な指導をしていただけるので、こつこつ作業をしたい人にとっては好きなだけ作品を仕上げることができるので楽しいと思います。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

商業用のチラシやポスターなどを学ぶ授業なので作品展やコンテストに応募する機会が少なく、学外での評価や審査をしてもらう機会が少なかったと思います。

全く知識のない人からある程度勉強を経て入学した人が同じクラスなので、1年目の授業速度は初心者向けに設定されており、進む速度が遅く感じる部分は多々ありました。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

基本的に自分で求人を探し自分でアポをとって面接を受け内定をもらうまでその繰り返しをしていました。

デザイン系の企業はあまりないので在籍中仕上げた作品を持ち寄って審査員に見てもらうことでアピールしますが、感性が気に入ってもらえなければ内定はもらえないのでとても厳しい業界です。

クラスの1割が志望に合格できるかどうかの世界だと思います。

自分は良い縁がなかったので他業種の仕事をしています。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

よかったことはパソコンと印刷機を持っていれば自分でデザインしたものを印刷し使用することができるので、ポップを作ったりチラシを作ったり需要があればとても役に立ちます。

就職率はとても低いので絶対に印刷会社やデザイン系に就職したい場合は授業外で自主的に作品をつくりコンテスト等に応募し入賞しなければ作品の価値が評価されないので、就職で自分の価値を主張するためにはある程度独自に行動しなければなりません。