デザイン専門学校 グラフィックデザイン科の口コミ

(読了時間:2分3秒)

デザイン専門学校を目指した理由

正直なところ、あまりやりたいこともなかった当時、さまざまな分野が集まる学校ならばより勉強をしたいと思える存在に出合えるのではと思い、この専門学校を見つけたのがきっかけです。

そして、学校案内を見る中で、グラフィックデザイン以外にもグッズデザインを学べる旨が書かれたこの学科を発見し、もともと興味があるグッズデザインを学ぶのもよいだろうとこの学科を目指すことを決断しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

学校で学んだのはデザイン全般のことになります。

専攻を選択する前にはグラフィック、いわゆる広告のデザインであったり写真撮影の技術であったり、雑誌編集であるエディトリアルデザインやデッサン、シリコンでの造形などさまざまなことを学ぶことができました。

パソコンでの画像加工はさまざまなシーンで活用できるので、今でもかなり役に立っています。

デザイン専門学校の雰囲気

男女比はほぼ半々で、比較的明るい子が多かったように思います。

盛り上がるのが好きな傾向が強く、学校行事に気合いを入れて参加したり、打ち上げなどもかなり楽しんでいました。

地方から出てきている学生も多かったので、勉強に関しては真面目でしっかりした印象がありました。

デザイン専門学校で楽しかったところ

基本的にみんな仲が良かったところは楽しかったです。

何気ないおしゃべりはもちろん、課題が終わらず居残りをする際にも多くの学生が残っていたので、寂しいなど感じることはありませんでした。

デザイン案を提供してもらうなど、互いに助け合って作品を作っていくのも楽しかったです。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

もともと美術系に強い関心があったわけではなかったので、デッサンなど専門性の高い授業はかなりつらいと感じました。

また、グラフィックデザインというのは基本的にパソコンを使用するため、ソフトの使い方を覚えるまではやりたいことができなかったりと大変でした。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の就職先は、デザイン会社に就職する人も多かったですが、それと同じくらい一般企業へ就職した人も多かったように思います。

また、一度会社に勤めてから、あるいは勤めつつフリーランスとして活動を始めるという人も少なからずいました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

私は結局デザイン関係の仕事につかなかったのですが、人間関係やデザインに関する知識など自分の糧となることが多かったのでその点は良かったと思っています。

どんなものであれスキルを身につけておくと、意外なところで活用できたりします。

まだ何もしたいことが浮かばないというのであれば、まずちょっとでも興味のあることを見つけて、それに関する技術を学んでみるのも良いと思います。