デザイン専門学校 グラフィックデザイン科の口コミ

(読了時間:1分59秒)

デザイン専門学校を目指した理由

小さな時から何かを制作や想像をすることが好きで、その時何が一番学びたいかと考えた時にデザインを学びたいと思いました。

また将来的にもデザイナーという仕事を目指したいと思ったため、デザイン専門学校グラフィックデザイン科を目指しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

今でも役に立っていることは、常に創造的な仕事をするということです。

現在の仕事はデザインとは少し離れたところにいますが、デザイン専門学校で学んだ創造的な思考というのは、どの仕事でも使えますし、新たなものを生み出すということにつなげることができます。

デザイン専門学校の雰囲気

雰囲気としては、皆が和気あいあいとスクールライフを送っていました。

専門学校ですので、高卒がほとんどです。

言ってしまえば、高校の延長のような感じでした。

また、デザイン専門学校ですので、性格はオープンな人が多く、すぐに打ち解けました。男女比は4:6くらいです。

デザイン専門学校で楽しかったところ

実践して物事を学べるという楽しみがありました。

デザインというのはすでにある素材を使ってデザインをするものもあれば、素材を一から手作りして作成するものもあります。

一から手作りする場合は、東急ハンズなどに行き、素材を揃えたり、自分で写真を撮ったりするので、大変ではありましたが、楽しい思い出でした。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

つらかったことや大変だったことは、周囲とのレベルの差がだんだんと出てくるところです。

デザインというのは生まれ持った才能が大きいとは思いますが、デザイン専門学校で作品を作っていくとクラスメートと比較して、自分の作品を見ると劣等感が出てしまったところです。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

卒業後の就職先はデザイン事務所や印刷会社がメインとなります。

デザイン事務所であれば、学校の非常勤講師が経営している事務所にそのまま引き抜かれていく人もいました。

自分は印刷会社に就職し、デザイン業務をやったり、印刷現場のとりまとめなどを行いました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

卒業して思ったことは、専門学校は2年間という短い期間ですので、もう少し勉強する時間を集中して持てば良かったと思っています。

カリキュラム通りに進めていけば、それなりに力はつきますが、自主的に勉強する時間が大切だと思いました。

これから専門学校に進学しようと考えている高校生の方は、専門学校の2年はあっという間で高校生活より短いですので、その短い期間でどれだけ成長できるかがポイントとなります。

自分の将来を見据えて、悔いのない選択をしてください。