デザイン専門学校 グラフィックデザイン学科の口コミ

(読了時間:2分46秒)

デザイン専門学校を目指した理由

高校時代から美術やデザインに重きを置いたカリキュラムの学校に通っていたため、デザイン系の学校に進学することがある種当然の流れのような気がしていました。

かと言って、四年生の美術大学は国公立でない限り学費も非常に高いため、専門学校を選びました。

専門学校の方が就職率も良いということも、理由に挙げられます。

グラフィックデザインで食べていけるという保証はありませんが、これからの時代は単に油絵などのアートでは生活するのは難しいと思います。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

基本的には始めの段階では、製品パッケージや、プロダクトデザインなど、幅広くデザインの勉強をしました。

結局はグラフィックデザインとは全く関係のない会社に入ったため、実際に役に立ったという知識はないのかもしれませんが、この専門学校という特殊な場所で出会った講師陣や、クラスメイトとは、独特の絆で結ばれているような気がします。

いまだに交流が続いていることは、人生で大きな財産だと思っています。

デザイン専門学校の雰囲気

やはりアート系の大学やデザイン系の人は個性的な人が多いと思いますが、特に私が通っていた専門学校は、自分でアルバイトをしながら学費を稼ぎ、通っているという猛者が多く、精神的に独立した考えを持っている人が多かったです。

男女比は半々くらいで、独特なファッションをしている人が多く、いつもにぎやかでした。

デザイン専門学校で楽しかったところ

講師も若くて面白い人が多く、時には若者のノリでまるで友達のように話しやすく、楽しかったです。

友人の作品やプレゼンテーションを見ていると、こんな考えをしているのかと思ったり、自分には到底思いつかない色彩を見て驚かされたり、とても勉強になりました。

自分の分かり得ない他人の内面を見ているようで、デザインを知れば知るほど興味が湧き、とても面白いです。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

やはり課題をこなすのが大変でした。

講師ごとに違う課題を課され、同時期に提出しなければならないものが2、3点溜まった日には、到底学校後に校内で作業をしても終わらず、持ち帰ってからも作業をしたりと、徹夜が続くこともありました。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

私は結局、このように毎日課題をこなすように仕事をする日々は耐えられないと感じ、グラフィックデザインとは全く関係のない飲食系の仕事に就きましたが、クラスメイトの中には真っ当に広告などのデザインをする会社に入社した人もいます。

しかし、話を聞くとやはり仕事は大変で、繁忙期や閑散期は関係なく、帰宅が0時を過ぎる日もしばしばあるそうです。

よほどデザインという仕事が好きで、誇りを持って仕事をしない限り、会社の一員として長く務めるには体力的にもしんどいと思います。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

10代のうちに、やりたいこと、好きなことがあるというだけで、今の時代はとても素晴らしいことだと思います。

インターネットでいろいろ調べることができるからこそ、将来の選択肢が多すぎて悩んでしまうと思いますが、どんな道に進んだとしても、そこで出会った人は、他のどの道に進んだとしても出会わなかった人達です。

私もグラフィックデザインを学んでおきながら、それとは関係のない道を選んでしまいましたが、決して後悔はしていません。

専門学校という特殊な場所で、同じようにデザインが好きな仲間と学べたことはとても幸せな思い出です。

学校が楽しくなるか、いまいちだと思うかは自分次第で、課題提出に追われてつらい時期もありましたが、今振り返ると、あれだけ徹夜して真剣に何かを完成させる、ということは大人になっては逆に経験できないことだと思います。

つらい時も、今を楽しんで下さい。