デザイン専門学校 造形美術科の口コミ

(読了時間:3分37秒)

デザイン専門学校を目指した理由

私は、イラストやデザインなど、ものづくり関係の仕事をしたいと思っていたのですが、入学前ははっきりと「この業界を目指そう!」というビジョンがない状態だったので、あまり学べる内容を限定したくはありませんでした。

デザインの専門学校といっても、実務的なデザインに特化した授業を行っているところから、デッサン・色彩・イラスト・Web・染色・彫刻など、基礎を踏まえていろいろな講義を選択できる学科が用意されている学校もあります。

私は実務的なデザインに限定せず、いろいろ学べる学科を選んで幅広く経験を積んだ後、どの分野に就職するか、自分に合った職種をじっくり考えたいと思ったので、造形美術科を目指しました。

デザイン専門学校で学んだこと・役に立っていること

チラシのデザインをする会社、イラストを描く会社などに勤めたので、デッサンや色彩などの基礎的な授業、デザインソフトや描画ソフトの扱い方などの授業が特に役に立ちました。

また、企画やプレゼンテーションなどの授業、見やすくわかりやすいデザインレイアウトの授業などは、デザイン業界に進まない場合も、社内会議や資料作成などの一般業務でとても役に立ちます。

デザイン専門学校の雰囲気

男女比はやや女性が多い印象ですが、あまり偏りはなく男女半々ぐらいでした。

学生の性格は、好きなことを学びに来ているので、みんな楽しそうで、あまりガツガツせずのんびりした穏やかな雰囲気がありました。

もちろん、難しい課題や就職など悩みもあるのですが、友達とアドバイスを出し合ったり、一緒に展示企画を考えたりして、協力的に学んでいく感じでした。

意識は個人によってかなり差があったと思います。

義務教育とは違うので、先生方も生徒の自主性に任せているところがあります。

積極的に自分から行動していく人は、成長が目覚ましいです。

進級時、卒業時にその違いがはっきりと結果に出てきます。

デザイン専門学校で楽しかったところ

自分の好きなことを学べるところ、実際に企業から依頼されるような内容でものづくりを実践できるところ、友達と一緒に課題や展示企画を行ったりできることがとても楽しかったです。

自分1人で課題に取り組んでいると、悩みや壁が出てきたときに、なかなかポジティブに克服するのが難しいです。

先生方も指導してくださいますが、同じ目線で悩んだり、頑張ったりできる仲間、友達を作ることがとても大事だと思います。

正直に言ってしまうと、専門学校で学んだ授業の内容自体は、かなり時間がかかりますが、独学でも学べないことはないです。

せっかく専門学校に行く事を選ぶなら、そこでしかできない「いろいろな人とやり取りをし、協力しながらものづくりができる」「専門の先生にたくさん質問ができる」という環境を是非いかしてください。

それが、社会に出たときに一番役に立ちます。

デザイン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

私の行っていた専門学校は2年で卒業だったので、授業や課題のスケジュールが少しタイトでした。

さらに、アルバイトをして学費を払っていたので、平日の授業の後や土日に働いていたため、かなり忙しかったことが大変でした。

授業を受けられなくなっては意味がないので、アルバイトをしたいと思っている方は、無理のない範囲で、本業である授業や課題をおろそかにしないように気を付けてください。

奨学金制度を設けている学校もあるので、学費について不安がある場合は、ご両親や先生に相談してみるといいかと思います。

デザイン専門学校の卒業後の就職先・進路

紙媒体やWeb媒体のデザイン会社、または一般企業で自社商品のラベルやチラシなどのデザイン部署がある会社への就職が一番多かったと思います。

他には、独立してフリーデザイナーやイラストレーターとして活動する方もいました。

私は一般企業の自社商品デザイン部署に入社して3年勤めた後、専門学校で学んだことと実務経験を活かして、ゲーム制作会社に転職しました。

デザイン専門学校卒業後の所感・メッセージ

自由でのびのびした雰囲気で、楽しく、幅広い内容を学べるところが良かったです。

同級生とは確かにライバルでもあるのですが、それよりも一緒に頑張る仲間、という意識が強いです。

学校は毎日通う場所なので、あんまりガツガツ、ピリピリした雰囲気すぎても長続きするのが難しいという気がするので、楽しく学んで刺激も与えあえる、ちょうどいい環境だったと思います。

いまいちだったところは特にないですが、学校で学んだことと、就職した後の実務との間には、いろいろなギャップがあります。

もっとも、それは社会に出たら誰でも多かれ少なかれ、何かしらの出来事で「学生時代とは違う」と感じることがある範囲のものだと思います。

学生時代になるべくそのギャップを埋めたい場合は、将来就きたい職種に勤めていた先生や、OBの先輩などに、実務で大変なことや就職してギャップを感じたことについて、話を聞いてみるといいと思います。