調理専門学校から目指せる職業・仕事(読了時間:1分21秒)

調理専門学校で勉強をした人たちは、卒業後、どのような仕事に就いているのでしょうか。

ここでは、調理専門学校から目指せるおもな職業・仕事について紹介します。

調理師として活躍する

調理専門学校から目指せる職業・仕事として最も代表的といえるのが、調理師です。

調理専門学校では、日本・西洋・中国料理などの各ジャンルの料理について基礎から学んでいき、調理師免許を取得して、レストランや料亭、ホテルなどで調理師として働くことを目指します。

国内の各施設・企業などへ就職する人が多くを占めますが、なかには海外でさらに調理の勉強をしたり、海外での就職を目指していく人もいます。

調理専門学校の在学中には実習もあり、学校内だけではなく、実際に調理の現場に出て、そこで求められる知識・技術を学ぶことができます。

調理専門学校では、卒業後に調理師や料理人として即戦力になれる人材を育成することを目標としているので、学校でしっかりと学ぶことで活躍できるチャンスは広がっていくでしょう。

さまざまな資格取得が可能

調理専門学校では調理師免許のほかにも、フードアナリストフードコーディネーター、食品技術管理専門士、食育インストラクター、介護食士など、さまざまな資格取得を目指すことができます。

飲食に関連する多様な資格を得て、将来の選択肢を広げていくことが可能です。

将来的には独立をして自分の飲食店を持ったリ、フリーの料理研究家やフードコーディネーターなどとして活躍するような人もいます。

製菓の道に進む人も

調理専門学校によっては、調理師を養成するカリキュラム以外に、製菓の専門的な勉強ができるカリキュラムを用意しているところがあります。

そうした学校では、洋菓子作りの知識や技術を磨いていき、パティシエとして活躍することを目指す人も多くいます。

また、パン製造についても同時に学べる学校では、パン職人(ブーランジェ)を目指していく人もいます。

学校によっては調理と製菓の両方を同時に学ぶことができるところもあります。

調理専門学校では、調理についての知識と技術を基礎から応用まで身につけ、即戦力として活躍できる人材を育成します。

料理人になることはもちろんですが、それ以外にも飲食に関連する仕事はさまざまなものがあるため、個々の希望や考え方に応じて、多様な将来の可能性が広がっているといえます。

職業カテゴリー