同志社大学 文学部 英文学科の口コミ

(読了時間:1分48秒)

文学科を目指した理由

小さいころから英語が好きで、英語に興味があり、教員免許取得も目的の一つにして受験しました。

どうしても教員免許の取得は必須だったので、英文学科一本にしぼり、センター試験も受けてチャレンジしました。

人生前向きに頑張れば、何とかなります。

無事に合格しました。

英文学科で学んだこと・役に立っていること

文学部、英文学科では英語学を専攻し、いろいろと深く「English linguistics」について学ぶことができました。

ゼミは、ネイティブの先生だったので、帰国子女の人も多くやはり英語を話せるようになったのは、大学の頃からです。

英会話教室、塾の講師をこなせてきたのも、スキルが自然と身についていたおかげだと思います。

英文学科の雰囲気

同志社大学、文学部、英文学科は約8割が女性です。

英文学科の雰囲気は、毎日英語・英会話に囲まれた状態で、自由な感じなので自分の意志がしっかりしていれば、夢を実現することができると思います。

優しい人がたくさんいたので、助けてもらえました。感謝です。

英文学科の楽しかったところ

同志社大学、文学部、英文学科はとにかく帰国子女の人もたくさんいて、ハーフの人もいて多国籍な感じで楽しかったです。

もともと関西出身ではないのですが、大学の友人はみんな親切で、優しく接してくれたので良い思い出もできました。

英文学科のつらかった・大変だったところ

同志社大学、文学部、英文学科は英語を正確に理解し、話せるようにならないと卒業単位を取得することは難しいです。

私は、レポート、論文にかなり苦労しました。

20代で若かったので、テスト勉強は徹夜の日々でしたが、何とか乗り切ることができました。

英文学科の卒業後の就職先・進路

大学卒業後は、英語の勉強、スキルを活かして働きたいと思い、大阪の「通訳・翻訳」の会社で勤務しました。

その後も、英会話教室や塾で、英語の講師として働きました。

今は、プロの翻訳家として仕事を続けています。

言語の世界は、無限大です。

卒業後の所感・メッセージ

英語をネイティブレベルまで引き上げることができて本当に良かったです。

英語を正確に理解し、話せるようにならないと卒業単位を取得することは難しいです。

If you believe in yourself, you can do it!! good luck to you