美容専門学校 ヘアメイク科の口コミ

(読了時間:1分45秒)

美容専門学校を目指した理由

中学の頃からの夢で、友達は歌手、私はメイクさんになると決めていました。

技術を習得して、将来自立して仕事ができることがしたかったので、ヘアメイクを学べる専門学校を選びました。

おかげで、今もヘアメイクや着付けの依頼がきます。

美容専門学校で学んだこと・役に立っていること

ヘアメイク、着付け、エステ、ネイル、カラーコーディネートなど美容に関することを学び、卒業後は写真館に就職し、ヘアメイクや着付けの技術をさらに高め、後輩に教えてきました。

退職してからも、友達にヘアメイクや着付けをしてあげたり、子供の発表会のヘアーの依頼もきたりします。

美容専門学校の雰囲気

ヘアメイク科は女性のみ、美容科は、男女半々くらいいました。

みんな仲良くて、良きライバルでした。

本気で目指したい人ばかりなので学校を休む人は少ないです。

先生方もプロの方ばかりなので、参考になったり、相談もしやすくフレンドリーな先生が多かったと思います。

美容専門学校で楽しかったところ

いろんなショーに出れることですね!

もちろん、自分の技術を披露したり、逆にモデルになってみたり、いろんな視点で見ることができました。

ショーが成功すると苦労した分、感動もひとしおです。

服飾の専門学校の方とコラボしても楽しいのではと思います。

美容専門学校でつらかったところ・大変だったところ

入学してすぐ、2泊3日の合宿でワイディング1000本巻きをしたことです。

クラス対抗(5クラス)でどのクラスが1番早く全員終わるかをしたのですが、ヘアメイク科なのになぜと思いながら、だからこそ美容科に負けてたまるか!とみんなで頑張って1位を取りました!

美容専門学校の卒業後の就職先・進路

わたしは、写真館に就職し、七五三、成人式、結婚式などのヘアメイク、着付けをしてきました。

他の仕事は、エステや、結婚式場に就職した人が多かったと思います。

美容科は、美容院がほとんどですね。

なかには、学科を変えて学びなおして就職する人もいました。

美容専門学校卒業後の所感・メッセージ

私が通った専門学校は、ヘアメイク科ができたばかりで、私が一期生だったので先生方も手探り状態でした。

学べることもまだまだあったと思います。

高校生の皆さんが、学校を決めるならそこそこ実績がある学校の方がしっかりと学べると思います。