美容専門学校 美容科の口コミ

(読了時間:1分50秒)

美容専門学校を目指した理由

もともと実家が美容室だったのでなんとなく将来は美容師になろうかなと考えていました。

東京の有名サロンのホームページを見てすごく衝撃を受け自分もそのようなヘアスタイルを作るにはどうすればいいのかを勉強したかったので美容専門学校を目指しました。

美容専門学校で学んだこと・役に立っていること

美容学校ではヘアスタイルの勉強がメインではありましたがメイクやネイル、エステの基本も学べたので仕事にも私生活にも役立っています。

色彩検定の勉強もしていただいたので、ヘアカラーからメイクや洋服の色味のあわせかたまでお客様に提案することができ、大変役立っています。

美容専門学校の雰囲気

1学年で女子と男子の割合は9:1ほどで圧倒的に女子が多かったです。

ほとんどの学生が何かしらのコンテストに出場しており、もちろん不器用な生徒も多かったですが、放課後もたくさん練習をしていたので賞状もたくさんもらっていました。

美容専門学校で楽しかったところ

2年生になるとブライダルショーがあり、モデルさんにドレスや着物をきせ、自分たちで考えたヘアアレンジや似合わせたメイクを施して観客の前で披露したのがとても楽しかったです。

その他にもクラスマッチがあったり、有名な先生のヘアショーがあったり行事が多く楽しかったです。

美容専門学校でつらかったところ・大変だったところ

試験合格率100%の学校だったのでとても厳しかったです。

少し軍隊にも似たような感じで連帯責任だったため、みんな先生に怒られないように態度を気を付けていましたし、美容学校にはめずらしく髪も染めてはいけない、化粧もしてはいけない学校でした。

持ち物にも厳しく、携帯は没収でした。

美容専門学校の卒業後の就職先・進路

地元の美容室や県外の美容室で美容師として就職する人が多かったですが、特にヘアアレンジをするのが得意な生徒は結婚式場に就職して花嫁さんのアレンジをするブライダル専門のスタイリストになった方もいます。

10年くらいで独立して自分のお店を出した方もいます。

美容専門学校卒業後の所感・メッセージ

よくも悪くもとても厳しかったですが、とても根性がつきました。

サロンで働き始めは思っている以上に肉体労働で挫折しそうになります。

学校で教えてもらっているうちから厳しく指導していただいたことは、サロンで働く精神をつける訓練だったのだと、あとから感じました。

美容師は3年以内で辞めてしまう人が多い職種なので、根性とやる気のある人を求めていると思います。