私立美大 美術学部 絵画学科油画専攻の口コミ

(読了時間:2分8秒)

絵画学科油画専攻を目指した理由

小さい頃から絵を描くのが好きで、中学生の時に油絵の具を触って楽しいと思ったのがきっかけです。

その後進学の時期になった際、油画科は油画のみではないことを知りましたが、色々見た結果やはり絵画表現としての油画に興味があったため、絵画学科油画専攻を志望しました。

絵画学科油画専攻で学んだこと・役に立っていること

現在フリーランスでデザインの仕事をしながら絵を描いているのですが、絵の方はもちろん、デザインの方にも絵画学科で学んだことは活かされています。

構図などの美術的な感性を始め、共同制作などを通じて学んだ他者とのイメージ共有の仕方も現在はクライアントとのイメージ共有に活かされています。

絵画学科油画専攻の雰囲気

学生の性格はさまざまですが、同じ絵画学科の日本画専攻と比べても、良くも悪くも枠に囚われない人が多いです。

女性の割合が高いのもあってか世間一般のイメージよりは穏やかな雰囲気です。

絵画学科油画専攻の楽しかったところ

高校までは高校の勉強などがあったので、それらから解放されてほぼ一日中絵のことに没頭できたのが個人的に一番楽しかったです。

絵のために色々なものを吸収して、色々構想を練って、アウトプットする生活が楽しかったのかもしれません。

絵画学科油画専攻のつらかった・大変だったところ

日本画よりも縛りがなく本当に自由なので、「自分の表現」を探すのにもかなり色んなことを試してみる必要があり、その中で自分を見失ったり、絵のことについて毎日考えているうちに分からなくなったりしたのがつらかったです。

また、最近は物申す人が増えてきましたが、教授によっては講評に人格否定やパワハラ気味の発言が入ることもあります。

絵画学科油画専攻の卒業後の就職先・進路

私はそこそこ安定した生活を送りながらも絵を続けたいのでフリーのデザイナーと画家を掛け持ちしていますが、同じ安定でも美術の先生という道を取る人もいました。

大学院への進学、美術の先生、画家一本で頑張る人、広告代理店に就職する人などがメジャーですが、最近はゲーム系の会社に就職する人が増えてきたように感じます。

募集要項で美大出身者を歓迎している会社が多いので、油画に興味がなくてもゲームグラフィックなどに携わりたい方にはお勧めできるかなと思います。

卒業後の所感・メッセージ

自分や絵と向き合うつらさはありますが、やりたいことを好きにできる、自由度では間違いなくトップクラスの学科です。

デザイン程ではありませんが、手に職をつけている扱いなのか、画家一本に拘らなければ意外と卒業後の生活も安定しますので、気軽に入ってもなんとかなります。

もし志望するのであれば、余程の天才でもない限り、よく見て描けるようになるにはある程度訓練が要るのに加え、画材にある程度慣れておく必要があるので、早めの受験対策をお勧めします。

人にもよりますが、1年以上はあった方がいいでしょう。