エアライン専門学校 エアラインビジネス科の口コミ

(読了時間:1分48秒)

エアライン専門学校を目指した理由

将来の夢はCAになることでした。

成田空港に一番近く、夢を叶え実際に働いている方が多く過ごす場所でもあったので、常に夢を追い求めやすいと思いました。

授業内容も、面接やビジネスマナーなどすぐに実践できるものが多かったです。

エアライン専門学校で学んだこと・役に立っていること

ビジネスマナー、立ち居振る舞いはとても役に立ちました。

敬語や、日本語の美しさも学ぶことができました。

ご祝儀袋や招待状の返事の書き方など普通、学校では習わないことですが、絶対に将来知っていないといけないことも教えて頂けました。

エアライン専門学校の雰囲気

雰囲気はとてもいいです。

みんな、将来のビジョンをしっかりと持っているのでお互いを高め合い、相談しながら目標に向かって切磋琢磨しておりました。

男女比は女性の方が多いですが、カーゴやグランドスタッフ、キャビンアテンダントを目指す男性もいます。

エアライン専門学校で楽しかったところ

空港見学に行き、普段入れないような飛行機の整備場や管制塔に行けました。

2週間のオーストラリアへホームステイもあり、生きた英語を肌で感じることもできました。

夏祭りでは浴衣の着付けを習い、出店を出品しより友達と仲を深めることができました。

エアライン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

就職活動時期は、誰が内定もらった、面接通った、などを話すので焦りを感じました。

ですが、今までの親交によりピリピリする雰囲気はなく、お互いを励まし合って就職活動を乗り越えることができました。

韓国語は個人的にとても苦手で大変でした。

エアライン専門学校の卒業後の就職先・進路

私達の就職時期は丁度リーマンショックがあり大変就職しにくかったです。

ですが、その後ワーキングホリデーに行く人以外はみんな就職できました。

就職先はキャビンアテンダント、グランドスタッフ、リムジンバス、ホテル、空港保安検査所職員、カーゴなどです。

エアライン専門学校卒業後の所感・メッセージ

専門学校生は、皆明確な夢を持って入学しているので、同じ目標を持った者同士、お互いを高め合い通うことができます。

就職先もその道に詳しい先生に相談にのって頂き、面接の仕方や履歴書の書き方も丁寧に教えて頂けました。

ですが、航空会社によっては大卒から募集しているところもあるので自分が目指す職業、就職先をよく理解して考えた方がいいと思います。