エアライン専門学校 グランドスタッフコースの口コミ

(読了時間:1秒)

エアライン専門学校を目指した理由

「英語を使って空港で働きたい」という夢を叶えるため、4年間働いた職場を離れ、専門学校へ入学しました。

千葉県の専門学校を目指した理由は、空港に一番近かったこと、多くの先生が航空会社で働いた経験を持つこと、外国人講師が在籍していたことの3つでした。

エアライン専門学校で学んだこと・役に立っていること

グランドスタッフコースでは、チェックインカウンターでのお客さまへの対応の仕方はもちろん、英語での接客やクレーム対応についても学びました。

お客さまに対するノウハウを習得したことで、卒業後に就職した会社では、戸惑うことなく自然とお客さまと接することができたと感じています。

エアライン専門学校の雰囲気

男女比は9対1の割合で圧倒的に女性が多い学校でした。

また年齢も19〜22歳と非常に若く、学校全体が活気に包まれていました。

一方でキャビンアテンドを第一志望に入学された女性は、清楚な服装と落ち着いた雰囲気が印象的でした。

エアライン専門学校で楽しかったところ

成田・羽田空港の見学はもちろん、元パイロットの方を招いて行われる講義、就職活動で映えるお化粧指導などといった、航空業界に特化したイベント・授業が非常に楽しかったです。

またフィールドトリップやスポーツ大会といったイベントも多くあり、たくさんの仲間と交流できたのは今でも楽しい思い出です。

エアライン専門学校でつらかったところ・大変だったところ

専門学校に入学して大変だった時期は、2年生になってすぐに始まる就職活動の時期でした。

航空業界出身の先生によるエントリーシートの添削・面接指導が頻繁に行われるのですが、時に厳しい言葉を頂くこともありました。

しかし、そのおかげで第一希望だった企業に就職することができ、「頑張ってよかった」と心から感じることができました。

エアライン専門学校の卒業後の就職先・進路

キャビンアテンダントやグランドスタッフとして航空会社に就職するのは3割程度で、その他はホテルやエアカーゴ会社などに就職しました。

ちなみに私はグランドスタッフコースでしたが、就職担当の先生からの勧めにより、国際貨物を取り扱う会社に入社しました。

エアライン専門学校卒業後の所感・メッセージ

エアライン専門学校では、航空業界の知識はもちろん、英会話やお客さまに対する接客についても学びます。

そのため、就職活動の際は航空会社に限らず、ホテルや百貨店といったカスタマーサービスを必要とする会社でも、非常に有利になると思います。

また、先生方は、生徒の進路先に合わせてサポートしてくれるので、非常に心強い存在になるはずです。

航空業界で働きたい、接客をしたい、英語を使って仕事がしたいと考えている人にはお勧めだと思います。