CMプランナーへの転職、未経験採用

転職に必要なこと

CMプランナーは、自分のアイディアやセンスを発揮して作ったCMを多くの人に見てもらうことができるクリエイティブな職業です。

学生はもちろんのこと、転職をめざす社会人からも非常に人気があることで知られています。

それでは、CMプランナーに転職するためには、どのような能力や実績が必要なのでしょうか。

ここではそれを説明します。

クリエイティブな職業からの転職

CMプランナーへの転職をめざす人の中でも、広告業界やマスコミの世界で働いたことがある人の場合は、その能力を存分に発揮することができます。

たとえば広告代理店で営業を経験してきた人が「自分も広告を作ってみたい」という思いで制作職の中途採用がある企業に転職をする場合、たとえ職種が違ったとしても広告の仕組みやクライアントとの付き合い方を理解しているという点で即戦力として働ける可能性があるのです。

また、テレビ局で映像ディレクターをしていた人や出版社で編集職に就いていた人なども、多くの人に共感してもらえる企画を作るという点は同じなので、発想法や構成の立て方に関して今まで培ってきたスキルを生かすことができるでしょう。

クリエイティブな業界の中での転職は非常に盛んなので、人材の交換が活発に行われています。

未経験者の転職

それではクリエイティブな業界を未経験の人はCMプランナーに転職できないのかというと、決してそのようなことはありません。

この仕事をする上で必要な免許や資格は特になく、斬新なアイディアや芸術的なセンスを持っているかどうかが全てともいえます。

本人の実力や適性が認められれば未経験者でも積極的に採用している企業が多いので、未経験者の人も諦めずに挑戦するとよいでしょう。

テレビやインターネットでCMを視聴して「自分ならどう作るか」と考えておくこと、良い映像や音楽に触れて刺激を受けるようにすることなど、転職のために今すぐに始められる準備もたくさんあるのです。