CMプランナーの資格、スキル

CMプランナーに役立つ資格

CMプランナーとして働く上で特に必要となる資格や免許はありません。

映像や音楽、言葉のセンスが問われる職業なので、このような分野において優れた能力を持つ人であれば誰もが活躍することができるでしょう。

もしも就職前に映像系の資格を取得しておきたいのであれば、民間資格の「マルチメディア検定」や「CGクリエイター検定」を勉強しておくと映像制作の際に生かせることがあるようです。

また、「色彩検定」や「DTP検定」などもセンスを磨く上で役に立つのではないでしょうか。

入賞実績が注目されることも

CMプランナーをめざす人のなかには、在学中に独自のコンテンツを制作する人が少なくありません。

こうして制作した作品をCMのコンテストや映像コンクールに応募するのもひとつの手です。

入賞実績ができれば自分のアイディアやセンスへの大きな自信にもつながりますし、就職試験の際には自己アピールの材料にもなります。

今の時代は家庭用のデジタルビデオとパソコンの編集ソフトさえあれば誰もが簡単に動画を作ることができるので、学生のうちからどんどん自分の作品作りに挑戦するとよいでしょう。

CMプランナーに必要なスキル

CMプランナーとして就職する際に、資格や入賞実績がなくても基礎的なスキルが身についていれば問題ないと考えている企業も多いようです。

CMプランナーとしての基礎的なスキルというのは、相手の意図を正しく汲み取ることができるコミュニケーション能力に加え、パソコンやカメラなどの機材を扱う知識、映像や音楽に関するセンスのことを指します。

大手の広告代理店の場合は海外の企業がクライアントになることもあるので、語学力を重視することもあるようです。

独学で勉強することが可能なものばかりなので、学生のうちにこのようなスキルをしっかりと身につけておくようにしましょう。