CMプランナーになるための学校(大学学部・専門学校)

CMプランナーに必要な学歴

CMプランナーとして就職するために必要な学歴というのは特にありません。

資格や免許が必要なわけでもないので、理系出身の人や文系出身の人、大卒の人や高卒の人など誰もがこの職業をめざすことが可能です。

ただし、CMプランナーを始めとした広告業界の仕事は非常に人気があることで知られており、広告代理店や広告制作プロダクションの採用倍率は非常に高いものになります。

ここでは、厳しい競争を勝ち抜くために、あるいは就職後に即戦力として働くために役立つといわれている学校について説明します。

CMプランナーに役立つ大学

まずはCMプランナーをめざす人におすすめの大学についてです。

電通や博報堂、アサツーディ・ケイなど誰もが名前を見かけたことがあるような大手広告代理店の社員は、圧倒的に有名大学の出身者が多いという現状があります。

広告の制作過程においてさまざまな知識やセンスが必要であることに加えて、人気のある業界で新卒採用で厳しい競争が繰り広げられることから、自然と優秀な大学の出身者が集まると考えられています。

もしも大手の広告代理店への就職をめざすのであれば、私立国立に関わらず難関大学に進学しておくとよいでしょう。

東京大学や京都大学、早慶上智、あるいは東京藝術大学などの出身者も多いようです。

企業によっては「大卒」であることを就職試験の応募の条件にしている企業もあるので、可能性を広げるという意味でも大卒の学歴には意味があります。

学部に関して特に縛りはありませんが、広告学やメディア論などを専攻できる学部だと就職後に役に立つ知識を身につけることができるようです。

CMプランナーに役立つ専門学校

大学ではなくて映像ディレクターやCMプランナーなどクリエイティブな業種を育成するための専門学校に進学することにも大きなメリットはあります。

カメラやマイクなどの機材を用いた撮影の仕方、映像や音楽編集の最新技術、広告の歴史など、より実践的な知識や技術を身につけることができるのが専門学校の強みです。

そのぶん、大卒の学生を募集している企業には応募できないというデメリットもあるので、自分がどのような規模の企業に就職したいかも含めてよく検討するとよいでしょう。