知財と法務の違い

知財」と「法務」は、どちらも企業に置かれることのある職種や仕事の種類です。

両者の役割や業務内容は重なるところもありますが、具体的な内容はことなってきます。

ここでは、それぞれの違いについて見ていきましょう。

知財とは何か

知財は、おもに「知的財産部」で行う仕事であり、ものづくりに携わる企業において、特許、商標、意匠といった知的財産の出願や、それに関わる管理業務全般などを担います。

たとえば、特許申請であれば、発明者から上がってくる特許の内容を確認し、他者の特許情報も調べたうえで特許事務所に提出できるかどうかを考え、実際の手続きを行います。

また、自社製品やサービスが、他社の知的財産権を侵害することのないようにチェックを行うことも知財の重要な役割です。

法務とは何か

法務は、おもに「法務部」で行う仕事であり、事業の展開や取引を法律という面から支えていく役割を担います。

具体的な業務内容は、新規事業立ち上げの際の公的機関への届出、取引先や消費者とのトラブル対応、訴訟対応、株主総会対策、グループ会社の設立や買収、各種契約書のチェックなど多岐にわたります。

企業で起こりうる問題や取引について、法律のプロフェッショナルとして対応します。

知財は、より技術寄りの仕事

知財と法務の違いとしてひとついえるのは、知財は、より技術寄りの要素が強い仕事ということです。

発明者や開発者の説明内容を理解し、必要十分な権利を取得できるように動いていくことになります。

実際、知財は理工系出身者が多く、研究開発に携わっていた人が知財担当となるケースもあります。

一方、法務は法律に深く関わっていくため、法学部など文系出身の人が多く活躍しています。

ただし、知的財産の訴訟が起こった場合には、法務担当者と協業して仕事を進めることもあるなど、両者がお互いの専門分野を生かしながら活躍する場面も多々見られます。