知財のキャリアパス

知財としてキャリアを積んだ人は、いったいどのようなキャリアをたどっていくのでしょうか?

企業の知財担当としてステップアップ

一般に、「知財業界」といわれるところで働く人は、企業の知財部門以外にも、特許事務所や法律事務所、特許翻訳会社や特許調査会社、特許庁といった公的機関など、さまざまな場所で活躍しています。

この仕事の代表的なひとつのキャリアパスとしては、同じ会社の知財部門で長年働き続け、出世を目指していく道です。

新卒で知財部門に配属される人もいれば、開発部門からの異動によって知財担当になる人もいますが、とにかく多くの経験を積んで、社内で認められるようになると、徐々に役職もついて責任ある仕事を任されるようになるでしょう。

その会社での知財のエキスパートとして、存在感を示していくことができるでしょう。

別の企業へ転職する

知財として身につけた知識やスキルを生かして、別の企業の知財部へ転職する人もいます。

なお、企業での知財業務といっても、各会社が扱う製品やサービスによって、知財が関わっていく技術内容はだいぶ異なるものです。

より興味の持てる分野の案件に携わるために、あるいは、より良い給料や待遇を求めて転職するというケースも比較的よくあるようです。

知財は専門性が問われる仕事であることから経験者が採用されやすくなっており、実務経験があれば転職の試験でもアピールしやすいでしょう。

特許事務所の弁理士になる

企業の知財として働いている人が、特許事務所へ転職することもあります。

この仕事では、在職中に弁理士試験への合格を目指す人も多いといわれます。

弁理士の仕事

企業での実務経験や、取得した弁理士資格を武器にして、特許事務所への転職を成功させることも可能です。

そして、特許事務所から別の特許事務所へ転職する例も多いようです。

なお、多様な実務経験を積むことによって、ゆくゆくは弁理士として独立することもできます。