チャイルドマインダーの就職、求人、募集の状況

さまざまな企業が求人

近年、保育園の待機児童問題が世間で大きな関心を集めています。

都市部などを中心に保育園への入園を希望しても落選してしまう子どもが非常に多く、社会全体でこうした親子に早急に対応する必要があるといわれているのです。

このような流れの中で、少人数保育のための保育ルームや訪問型の保育サービスを始める民間企業も増えてきています。

企業の中に社員の子どもを一時的に預かる場所として託児室を設置する企業もあるようです。

さまざまなサービスが広がる中で、必然的にチャイルドマインダーの求人も増えてきているので、この職業をめざすのであれば業界に飛び込んでいきやすい状況といえるのではないでしょうか。

チャイルドマインダーの就職先

それでは、どのような企業がチャイルドマインダーの求人を出しているのでしょうか。

一例をあげると、商業施設の中にある託児室や幼児教室などでチャイルドマインダーの募集をしていることがあります。

また、ビルの一室や個人の自宅の一部を使った保育ルームでも求人が出ていることがあります。

依頼者の自宅を訪問する訪問型のチャイルドマインダーの需要も高まっているので、インターネットの求人サイトなどで探してみるとよいでしょう。

正規雇用は少ない傾向

チャイルドマインダーの求人を見ていると、正規雇用での採用がなかなか見つからないということに気が付く人もいるかもしれません。

チャイルドマインダーは保育士や幼稚園教諭のようにクラスの担任を持って一年間担当するわけではなく、依頼の件数によって仕事の忙しさにも波があります。

このため、正社員としての求人は少なく、派遣社員や契約社員、パートやアルバイトなどで求人を募集することが多いようです。

非正規雇用の場合は時給制で働くことになり、給料自体はそれほど高くはありません。

しかし、信頼を築くことで正社員に登用されることもありますし、経験を積み重ねていずれは独立開業するという道もありますので、長期的なスパンでキャリアを考えることが大切です。